Natural Cafe Presents The 48th Jazz Live

2004.7.23(日)

上西千波 (vo) with 守屋純子 (p) トリオ

北川弘幸(b) 猿渡泰幸(ds)

OPEN  5:30pm
LIVE
(入替制)
 6:30pm 〜 1st stage charge \3000
 9:00pm 〜 2nd stage charge \3000
ご予約  058−269−5788
 1st,2nd 通し予約の場合、charge \5000

Return To
Natural Jazz Natural Cafe



豊かな声量に個性的なボイスと存在感あるソウルフルなボーカルの上西千波。そして 2005年世界的にも権威のあるセロニアスモンクコンペディションの作曲部門にて優勝した日本が誇るコンポーザー、 アレンジャー守屋純子が率いるトリオとのスーパーセッション。

上西千波
2004.06.25 at Natu Cafe

上西千波 (vo)  WebSite

広島県広島市出身。幼少よりピアノ、ボーカルを習う。 ブルースやゴスペル、ソウルが好きでバンド活動を始める。 学生時に聴いたビリ―ホリディが印象的でジャズを歌うようになる。 1989年よりサルサバンド「オルケスタ84」に入団、 パーカッションとコーラスを担当し、1年後にメインボーカルとなる。 サルサバンドにて、全国各地で演奏活動を行い、 ライブレコーディングCD「オルケスタ84」を発売、参加している。 その後、女性起業家としてビジネスの道を歩む。 ニーナ・シモンやサラ・ボーンの歌に感動し、本格的にジャズ ボーカリストとしての活動を始める。  ライブを中心にコンサート、イベント、ディナーショー、 ホテルラウンジ演奏、コマーシャルソング、ブライダル・チャペルでも 歌い幅広く活動。 2000年からはじまったプリンスホテルでの 「スペシャル・ジャズ・ライブ」は国内外のトップミュージシャンと 共演、好評を博している。 積極的に様々なライブを重ね実力をつけ、2001年9月、 石井彰氏のアレンジによるファーストアルバム「Gee Baby」 リリース。 東京、大阪、福岡、岡山、山口、広島にて発表記念ライブを行う。 同時に音楽活動の拠点を広島から東京へ移し活動。 また、地方ツアーも積極的に行ない全国に活動の輪を広げている。 豊かな声量と低音が特徴的で、個性的なボイスと存在感のある ソウルフルなボーカルで注目されている。

Natu Cafe 2度目の登場!!


守屋純子 (p)  WebSite

91年NYのマンハッタン音学院の大学院に留学。 97年に、ニューヨークにて現地の第一線ミュージシャンを集めたオクテットで初リーダーCD“My Favorite Colors”(日本クラウン)を発表。 プロデューサーはドン・シックラー、録音がルディ・ヴァン・ゲルダーという超一流のプロジェクトで、高い評価を受ける。 ジャズ界の実力派を集めた17人編成のビッグバンド“守屋純子オーケストラ”が2000年度より文化庁芸術文化振興基金の助成対象事業に指定されるなど、 作・編曲方面でも高く評価されている。2001年10月に再びドン・シックラーのプロデュースで、自己のオーケストラによる第2作“Shifting Images”(日本クラウン)を発売。 発売直後より、現在の日本のビッグバンドの最高水準を示す作品として、各方面で大きな話題を呼ぶ。

Natu Cafe 2度目の登場!!

守屋純子
2004.06.25 at Natu Cafe

北川弘幸
2003.06.26 at Natu Cafe

北川弘幸 (b)  WebSite

大学時代からジャズベースを始める。 1976年第一回ジャズグランプリにおいて決勝まで残る。 大学を卒業後プロのミュージシャンとなり、1986年納谷嘉彦トリオに参加。 大野俊三・向井滋春・植松孝夫・峰孝介・寺井尚子などトッププレイヤーとの共演を重ね 数々のライブフィールドにおいて重要な位置を占めている。 現在、東海地区、東京都内のライブハウスを中心にもっとも精力的に活躍中のミュージシャンの一人。

猿渡泰幸 (ds)

岐阜出身。 高校時代に、同級生であり世界的トランペーターでもある盟友大野俊三に出会いドラムを始め、 彼のバンドに参加。その後プロに転向し、数々のトッププレイヤーと共演を重ね今日に至る。 ピアノからフォルテまで隈なくサポートできる数少ないドラマーのひとり。 なかでも豪放な性格とは裏腹なセンシティブなブラシワークは特に定評がある。
猿渡泰幸
2001.11.22 at Natu Cafe

Return To
Natural Jazz Natural Cafe