自然素材の木の家づくり|愛知で木造の注文住宅なら永井政光建築設計事務所

  「匠×DESIGN」。 年5棟上限で、適正価格の家づくり。

  |HOME木の家ナチュラルstyle町家style工務店ブログお問合せ

装飾画像

HOMEへ > Q&A


よくあるご質問について




実際にあった お問合せ内容の抜粋です。

Q&A方式で お答えさせて頂きます。



Q.
現在見せていただける住宅はありますか?

A.
お施主様のご厚意で、双方の予定が合えば、見学可
能な家は複数ございます。また、現在工事中の家も
見学可能です。ご希望の方は、お気軽にご連絡下さ
い。




Q.
相談や、プランニングをお願いする場合、どこから
有料(契約)となりますか?

A.
相談・・・無料
実際に私の事務所で設計させて頂いた家の見学→無料
ご予算の確認、当社の家づくりの諸々のご説明→無料
資金計画書の作成→無料
プラン作成→有料 (ここから契約となります。)




Q.
坪あたり、いくらくらいですか?

A.
基本的に、坪いくらという考え方をしておりません。
(現状、ローコスト住宅を始めとするハウスメーカー
の坪単価は、本来含める必要のあるものまで別途工事
として坪単価を安く見せかけているため、同じ土俵で
比較することは大変困難です。)
私たちは、総予算や家にたいする希望、敷地条件など
を勘案して、トータルでご予算を踏まえた最善のご提
案をさせて頂いております。

それぞれの家によってまちまちですが、一般的な4人
家族の家で、2500万円から3500万円程度(税
抜)を想定しています。

※この坪単価には、照明、造り付けの棚、浴槽、便器
、キッチン、カーテンレールなども含まれます。
※一般的なハウスメーカーですと、坪単価を安くみせ
るために、様々なものが別途工事になっている場合が
ありますが、私の事務所の方針としては、なるべく住
める状態の内容で工事費を算定させて頂いています。




Q.
断熱材はどのような仕様ですか?

A.
基本的には、お施主様のご予算やご希望に応じてそれ
ぞれの家ごとに設定させて頂いています。

徹底的に健康や環境にこだわる場合は、土壁を断熱材
としたり、杉の樹皮を利用した「フォレストボード」
という自然素材の断熱材や、パーフェクトバリアとい
うグラスウールとは違うポリエステル系の断熱材も可
能です。

ただ、上記の断熱材は、一般的なグラスウールやウレ
タンボードより2倍以上価格が高いため、ご予算をど
こに配分するかという優先順位の問題になることが多
々あります。一緒に相談し合いながら決めていくこと
が一般的です。



Q.
結露対策はしていますか?

A.
内壁に漆喰仕上げを標準にしていますので、その漆喰
がある程度湿度調整をしてくれます。
あと、ペアガラスも標準仕様にしていますので、それ
も結露対策になります。

ただ、それだけでは、多少の結露は発生してしまいま
す。特に生活に支障はないと思いますが、もしご予算
に余裕があれば、樹脂サッシや木製サッシ、さらには
トリプルガラスや高断熱仕様にするなど、費用対効果
を考慮して、結露対策にこだわる仕様にもできます。






⇒ ⇒ ⇒   TOPへ

⇒ ⇒ ⇒   作品集

⇒ ⇒ ⇒   ブログ「今日のてくてく」

⇒ ⇒ ⇒   メール




装飾画像

<営業エリア>

愛知県 尾張 名古屋市(緑区、千種区、天白区、瑞穂区

、昭和区、東区、西区、北区、守山区、中区、南区、港区、

中川区、中村区、名東区、熱田区)、北名古屋市、豊山町

、清須市、岩倉市、江南市、一宮市、春日井市、小牧市、

稲沢市、大口町、大治町、扶桑町、犬山市、岐阜市、

その他(要相談)