自然素材の木の家づくり|愛知で木造の注文住宅なら永井政光建築設計事務所

  「匠×DESIGN」。 年5棟上限で、適正価格の家づくり。

  |HOME木の家ナチュラルstyle町家style工務店ブログお問合せ

装飾画像

HOMEへ > 代表者のご紹介



永井 政光 (愛知県の建築家/一級建築士)



[ プロフィール ]

1976年生まれ/愛知県 豊山町出身/A型/

中部大学工学部建築学科卒業/民間設計事務所/

名工建設㈱設計部/矢作建設工業㈱設計部/

木組ゼミ(最新の木造伝統構法の勉強会)/

2008年 永井政光建築設計事務所設立





[ 物 語 ]


1976年生まれ/豊山町出身


  愛知県の建築家の幼少期
 ↑ 1才7ヶ月。

小さい頃は、粘土遊びが大好きでした。小学生(志
水小)の時は、近所の友達と野球、サッカー、ドロケイ
などのでよく遊んでました。
また、図工や美術の授業が本当に大好きで、そのことが
設計の道を志す、大きなきっかけとなりました。豊山
中学時代は野球部に所属し野球に熱中しました。イチ
ローとは残念ながら丁度入れ違いでしたが、当時から
監督から色々とイチロー伝説を聞いていました。




大学 時代


中部大学工学部建築学科に入学しました。
大学に入った頃にはすでに、仕事として設計を続ける
なら、いつか独立したいと本気で思っていました。 
そのため、授業とは別に建築関係の本や、美術、経営
、その他、色々な本をむさぼるように読んでいました。
また、美術部に在籍していたこともあって絵を描いた
り、アコギ(アコースティックギター)に熱中したり
もしました。

あと貴重な体験としては、アルバイトで貯めたお金で、
アメリカのオハイオ大学に4ヶ月間の短期留学をしま
した。留学中の週末の休みを利用してNY、シカゴ、
ワシントンなどに行って、数多くの名建築を観てきま
した。特に、シカゴのオークパークに行った際、建築
家の巨匠であるフランク・ロイド・ライトが設計した
家を実際に沢山見学することが出来たのが、私の大き
な財産になっていると思っています。

大学卒業の直前には、格安の往復航空チケットと最小
限の荷物を持って、憧れだったパリに1ヶ月間、単身
で滞在したりもしました。その間、パリ郊外にある、
建築家の巨匠ル・コルビュジェの最高傑作「サヴォア
邸」を見学したり、ルーブル美術館やオルセー美術館、
ポンピドゥーセンターやロダン美術館、ピカソ美術館
などの質の高い美術に数多く接したり、パリの美しい
街並みや、オペラ座の怪人で有名なパリオペラ座を始
めとする様々な名建築を観ることができました。

グッゲンハイム美術館の外観 グッゲンハイム美術館の内観(天井)
グッゲンハイム美術館/フランク・ロイド・ライト設計
/アメリカ NY
※私が実際に撮影した写真です。

サヴォア邸の外観 サヴォア邸の内観
サヴォア邸/ル・コルビュジェ設計/フランス ポワシー
※私が実際に撮影した写真です。




建築設計事務所 時代


主にデザイナー系の住宅の設計をしていました。仕事
が終わるのは夜10時をまわるのが当たり前のハード
な生活で、残業手当もつかず、大卒ではありえないよ
うな安月給でしたが、その当時は、"とにかく設計の
実務をたくさん学びたい"という気持ちが強くて、傍
から見ていたら大変そうに見えていたかも知れません
が、むしろ、実務の設計を大変多く学べているという
実感があったので、特別に大きな苦痛は感じませんで
した。今から思い返しても、充実した下積み時代だっ
たと思っています。




名工建設㈱ 設計部 時代


駅やオフィス、工場など、いろいろな用途の設計の仕
事をさせて頂きましたが、一番多かったのは分譲マン
ションの設計でした。 外注の設計事務所に頼らずに、
相当多くの図面を描かせて頂いたりして、かなり実力
がUPでききた思います。 また、工事現場にも、本
当に多く行く機会があったので、実際の生の現場につ
いても、たくさん学ばせて頂きました。




矢作建設工業㈱ 設計部 時代


設計部の中でも、鉄骨造専門のチームで設計をしてい
ました。大規模な建物が多く、一番印象深いのは、よ
く一流ホテルなんかで使われる某ベッドメーカーのマ
スター工場のコンペです。(なんと、延床面積約2万
㎡!(約7000坪))基本計画や外観デザインなど、
メインとして担当させて頂いて、受注もすることがで
きました。おかげで、設計事務所開業後、そのマスタ
ー工場の実施設計をやらせて頂きました。




木組ゼミ(最先端の木造「伝統工法」の勉強会)参加


大学時代から、アメリカ的な家や、白いモダンで無国
籍な家が量産されている日本の現状に疑問をいだいて
いました。自分で設計するなら木の家がいい、それも、
日本の伝統や、高温多湿な日本の風土に合った、妥協
のない、自分自身も本当に納得ができ、しかも現代の
感性に合った家づくりがしたいと思っていました。
そこで名工建設時代にたまたま見つけたのが 「 木組
ゼミ 」 でした。 現代の木組みの第一人者のお一人
である松井郁夫先生が主催されており、3年間、月1
回のペースで、東京まで、夜行バスに揺られて通い続
けました。現代でも、金物に頼らず大工さんによる手
刻みで木を加工して組み上げる「木組みの家」は、本
当に出来るんだなぁ!と感動しながら、技術的なこと
や、理、論的なこと、そして日本の伝統という精神的
なものも勉強させて頂きました。

★「木組ゼミ」で学んだことが、今の私の建築スタイル
 の原点だと思っています。




2008年 永井政光建築設計事務所 設立

/一級建築士事務所


仕事と平行して、「 木の家 」の勉強会に参加した
り、建築や美術、自然を観に行ったりなど、日々勉
強中です。特に建築は、日本だけでなく欧米をはじ
めとする海外のものや、伝統的なものからモダンで
最新の建築まで、幅広く、極力現地に訪れて実際に
生で見るようにしています。


四季のある日本の気候風土や、脈々と受け継がれて
きた伝統的な日本建築の文化を大切にしながら、現
代の感性を活かした、さらなる美しい日本の風景づ
くりに貢献すべく、「 とことんこだわりぬいていき
たい! 」 と思っています。

 愛知県の建築家 永井政光


★ ブログ 「 今日のてくてく 」
 私が今まで実際に見てきた面白い建築の写真とその
 感想や、日々のコトなどについて書いています。 
 国内、国外を問わず色々な建築が登場します(笑)。
 よろしければご覧下さい。

 人気ブログランキングはこちら!

 人気ブログランキングへ





[ 趣 味 ]



読書
休日には喫茶店 ( 特にコメダ珈琲 ) で2~3
時間読み耽ったりします。

コメダ珈琲


アコースティックギター

アコースティックギター
※神田のギターショップ(元アリスのドラマーのお店)
 で購入した、1975年に作られたお気に入りのアコギ
 です。


お酒 ( 特にビールとウイスキー )

ウイスキーの中でも、最近ではサントリーのオールド
やジャックダニエルを好んで飲みます。原液のまま小
さなショットグラスに注いで、チビチビ飲むのが好き
です。

ウィスキー

ドラゴンズファン


美術鑑賞 ( 特に絵画、建築 )





[ 人 生 の モ ッ ト ー ]


おかげさま。
念ずれば花開く。




性格


穏やか。( あまり、いらいらしないタイプのようです。)




好きな本


日下公人 ( くさかきみんど ) さん著の本など
(世の中全体や、ある特定分野を達観したような方が
書かれた本が好きなようです。)(ジャンル的には、
建築、庭、経営、健康、芸術、政治経済、自己啓発な
どを好んで読んでいます。)




好きな音楽


サザン、ジャズ( 特に20世紀初頭の )、金子由香利
、THE BACK HORN、ブルーハーツ
(旋律の美しいものや、ハートが熱くなるような曲
が特に好きです。)




好きな映画


レオン、ゴッドファーザー、大いなる遺産 など
(最近では、「最強のふたり」が面白かったです。)




好きなアーティスト


パウル・クレー(画家)
(大学時代にNYのグッゲンハイム美術館で、パウル
・クレーの「レッドバルーン」という絵を観て、生ま
れて初めて絵画に対して感動を覚えました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(画家)、東山魁夷(画家)

 写真集

吉村順三(建築家)、フランク・ロイド・ライト(建築家)

 ジェイコブス邸の外観

魯山人(陶芸家、書家、美食家)、クリスチャン・デ
ィオール(服飾デザイナー)、ヘルマン・ヘッセ(詩
人)、その他。






⇒ ⇒ ⇒   TOPへ

⇒ ⇒ ⇒   作品集

⇒ ⇒ ⇒   ブログ「今日のてくてく」

⇒ ⇒ ⇒   メール




装飾画像

<営業エリア>

愛知県 尾張 名古屋市(緑区、千種区、天白区、瑞穂区

、昭和区、東区、西区、北区、守山区、中区、南区、港区、

中川区、中村区、名東区、熱田区)、北名古屋市、豊山町

、清須市、岩倉市、江南市、一宮市、春日井市、小牧市、

稲沢市、大口町、大治町、扶桑町、犬山市、岐阜市、

その他(要相談)