2003年5月16日

 胡南衣

榎本 初によるのページです



  ルバルトヴッチ・チョチョガノフ

私の友人の話である
彼の名前は
ルバルトヴッチ・チョチョガノフ
本当はもっと長い名前らしいのだが
そんなことはどうでもいい
ルバルトヴッチ・チョチョガノフは
本当はもっと長いらしいフルネームで呼んでくれと皆に言うが
ルバルトヴッチ・チョチョガノフをフルネームで呼べるほど
世界はゆっくり回っていない
とにかく彼の名前は
ルバルトヴッチ・チョチョガノフ

とにかくルバルトヴッチ・チョチョガノフの
頭は五分刈りである
ルバルトヴッチ・チョチョガノフは
スポーツ刈りだと言い張るのだが
そんなことはどうでもいい
ルバルトヴッチ・チョチョガノフの
髪の長さが5ミリメートルであることは
公正散髪委員会なるお役所の調査により裏付けられている
厳密には5.5788ミリメートルらしいが
0.5788ミリメートルは負けてもらった
なので近いうちに
お役人にチョコレートパフェを奢らなければならない
刑法第百九十八条の贈賄の罪に問われるのは覚悟の上である

贈賄で思い出したのだが
ルバルトヴッチ・チョチョガノフは
象である
思い出すとかそんなことではないだろうと仰るかもしれないが
いつも一緒にいると人であるとか象であるとかなんて
特に考えないものである
世の男どもが女房のことを女であるとかワニであるとかなんて
特に考えないのと同じようなものだ
念のために言っておくが私の女房はワニではない
そんなことはどうでもいい
問題は
ルバルトヴッチ・チョチョガノフの
鼻が長すぎるということである
ルバルトヴッチ・チョチョガノフの
鼻の長さが23メートルであることは
あの銭形平次の調査により裏付けられている
いや厳密には23.1763メートルであることを告白せねばなるまい
平次は0.1763メートルを見逃してくれなかった
チョコレートパフェなんていらないときっぱり言い切って
お約束の銭まで投げてきて
実はちょっぴり嬉しかったルバルトヴッチ・チョチョガノフ
話が脇道へそれてしまったが
ルバルトヴッチ・チョチョガノフの
鼻は23.1763メートルである
長すぎる鼻は重すぎるのである
おかげでルバルトヴッチ・チョチョガノフは
腰痛に悩まされている
ルバルトヴッチ・チョチョガノフは
鼻の長さを人並みいや象並みにしたい
と思っているが切除するのが怖いらしい
麻酔の針が通らず痛いからだろうと思っていたが実はそうではなく
動物愛護団体からのクレームを怖れているらしい
自己決定権すら制約されるのだから象も可哀想である
そんなルバルトヴッチ・チョチョガノフに私は
腕のいい整体師を紹介しようと思っている

さて近頃のバリアフリーは象にも優しくて
ルバルトヴッチ・チョチョガノフは
23.1763メートルの鼻のことを除けば
象並みどころか人並みの生活を送っているが
それゆえルバルトヴッチ・チョチョガノフは
人間関係で頭を悩ませている
友達がなかなか出来ないらしい
普段のルバルトヴッチ・チョチョガノフは
小さな瞳のまわりに笑みを湛えて
おとなしく佇んでいるものだから
切れたときの凄まじさには誰もが慄いてしまう
パオーパオーと雄叫びを上げて
23.1763メートルの鼻を振り上げようものなら
人間どもはルバルトヴッチ・チョチョガノフから
瞬く間に逃げていくから人間関係を上手く築けない
そんなルバルトヴッチ・チョチョガノフに私は
イライラするのはカルシウム不足さなどと
月並みなことを言いながら牛乳を一緒に飲んでいる

ルバルトヴッチ・チョチョガノフが牛乳を飲むのには
もうひとつ理由があってそれは耳を大きく育てて
パタパタパタパタ空を飛びたいという願望からである
ルバルトヴッチ・チョチョガノフは
ダンボの大ファンなのである
腹筋いや耳筋を鍛えている姿はバカバカしくも何処か美しくて
件の五分刈りがスポーツ刈りに見えたりもするのだが
そんなルバルトヴッチ・チョチョガノフに私は
象が飛べるわけないだろうなどと夢のない忠告をしたところで
ルバルトヴッチ・チョチョガノフは聞く耳持たず
ジャンボジェット機が空を飛べるのだから
象が空飛ぶなんて朝飯前さなどと誰に聞いたのか
何処かで聞いたようなへんてこりんな理屈を振りかざして
身体よりも先に頭がぶっ飛んでいる

パオーパオー

とにかく彼の名前は
ルバルトヴッチ・チョチョガノフ
一緒に牛乳を飲んでいる

              二〇〇三年四月二十八日
ナカネコ!
Copyright(C) 1998-2004 ENOMOTO Hajime. All rights reserved.