2004年1月1日

 詩 人

榎本 初によるのページです



  小茶房こさぼう

木肌に滲む硝子木枯らし聞こえない
届かない蒼い凪がない薙いで波立つ
ひねもすさらされて腑に落とす 空

    冬の日当ひなた

 小山の手前の屋根の緑に貼られた
 桃色 橙色 青と白の縦縞 蒲団
 柄は花のような 蒲団桃色橙 色

夜 藍に焼けた急須がそそぐ濁りの
裏に稚く涙畳まれていく仄紅く肘掛

              二〇〇二年一月十二日
なかない猫・バナー
Copyright(C) 1998-2004 ENOMOTO Hajime. All rights reserved.