2005年6月11日

 詩 人

榎本 初によるのページです



  六月のスクランブルエッグ

青青として空は笑いクリーム色のジャケット
風に惹かれて橋の上誰も振り向かないで眩暈

生きていると寂しいこともあるんだよね青空
届かないんだよ指の先遠いんだよ遠いんだよ

街濡れて傘の彩滲んでいくの待ち侘びた瞼に
紅く擦れて傷い白いハンカチ覚えていますか

哀しみが伝わるのであって想いは伝わらない
ただ僕が回っているだけ馬鹿野郎じゃないか

紫陽花の葉陰をバガボンド蝸牛が歩んでいて
もう行かなければならない遠くない夏へ雷鳴

           二〇〇一年六月一日、二〇〇五年六月十一日加筆
ナカネコ!
Copyright(C) 1998-2005 ENOMOTO Hajime. All rights reserved.