4ever【ふぉおエヴァア】 詩人ニシさん作成

   四行連詩〈涙〉の巻 現在進行中
                   葉月之寛さん
                   榎本 初

鳥の影に 視線を落としても
森に夜に月 石に描く花
が匂い立つまで涙は出ない
わたしの言葉は 小鳥のように小さくある
                   葉月之寛

大空に翼は届かず
荒野あらのから暁の風
ただ一条に涙が滲む
紅いコスモスが揺れている
                   榎本 初

岸辺に丸まる猫が居り
わたしの水を 舐めている
一条は道のまっすぐか
落ちた花の 光と覚える
                   葉月之寛

花のかたちをなぞりながら
土のにおいに躓きながら
露のおもさに堪えながら
空のかけらを集めながら
                   榎本 初

晴れた空の寒さにも
目をみひらいて思い出す
おもみにしなった朝の葉よ
目に鮮やかな緑たち
                   葉月之寛

細やかな雨音が耳朶を擽り
行きずりのカフェへ入らない
街に零れた夜を見つけて
缶コーヒーをえくぼにあてる
                   榎本 初


なかない猫・バナー