日本ファミリービジテーションセンター

     ★ 全国の面会交流支援団体/面会交流.com へ       NEXT

    メッセージ

    離れて暮らす親子の再会を愛知でサポートしています 

    離婚や別居などによる子と親の生き別れを市民レベルで地域社会あげての支援により、一組でも多く血のかよった 心のこもった親子の交流=絆を結び続けていきたいと想っております。
    そして、別れた両親が子育てをしていく新たなカタチをサポートし、共同養育の社会になっていかなければならないと強く確信しています。
    そのために真剣な人たちが、集って子と親の交流のお手伝いをしていきます。

    当センターをご利用されたいお申し込み、お問い合わせ、ご相談をなにより心よりお待ちいたしております。

    日本ファミリービジテーションセンターは、現状批難や否定する立場ではなく、現状プラスON!の支援を目指します。
    専門家や関係者に離婚経験者の参画も必要です。
    ですから、立場を超えた人と人の集う場もあります。
    是非、ご参加ください。


       NEXT    

     

    サポート

    ◆ 交流援助 (お子さんのお迎えとお送り/受け渡し)

    両親が、顔を合わせずにお子さんの受け渡しをサポートいたします。スタッフが、お子さんを同居親のもとから別居親へお連れし、面会終了後に別居親から同居親のもとへお子さんをお送りします。

    ◆ 付き添い (お子さんの見守り)

    面会交流中のお子さんの様子を距離のおいたところから見守ります。

    ◇ サポート

    現在、名古屋・半田の2拠点、毎月第1日曜日を中心にサポートをさせていただいてます。


     リーフレット(料金表)は、こちら     PDF    

     

    秋のお茶会スペシャル -2017-

     学習会 『愛着/アタッチメント』

     春秋の年2回開催しています “学習会“ ですが、この秋は日本福祉大学から先生をお招きして、“愛着/アタッチメント”を学びます。
     子どもは、乳幼児期に親(特定の養育者)から無条件に受け入れられ、愛される経験から培われる親との安定した関係によって、心身ともに健やかに成長するための基礎が作られ、子どもの人格形成の基盤となります。 アタッチメントは、不安を抑制し探索行動を活性化し、子どもに安心感を与え、自己や他者への信頼感をもたらします。
     そして、ここで育まれた人格の基盤が、様々な能力や資質を育みます。 アタッチメントは、子どもの年齢や発達段階によって、テーマもその取り組みも変わっていきます。
     アタッチメントについて学び知ることで、よりよい子育てができるだけでなく、子育てを通して親として成長し続けることができます。
    是非、いっしょに学びましょう。

    [日 時] 2017年10月 1日(
          13時30分~16時30分(13時 開場)
    [講 師] 瀬地山 葉矢 先生/日本福祉大学 子ども発達学部
    [参加費] 500円
    [申込み] メール(氏名・所属・連絡先/Telephone、Mail)
    [場 所] 半田市市民交流センター/活動ルームC
           愛知県半田市広小路90 クラシティ3階


       PDF    

     

    サポーター募集

     「親子の絆交流支援をしよう! したい!」

     「親子の絆交流支援を何らかのカタチで支えたい!」

       そんな方々=サポーターを募っております。

    1. ♥ ビジテーションサポーター
       ・ペアレンティングコーディネーター

         親子の絆交流を演出、援助していただける方

       ・トランスファーサポーター

         子どもたちの送り迎えをお手伝いいただける方

    2. ♥ ネットワークサポーター
       ネットワークを支援いただける方

    現実に、親と子を絆を結び続ける支援、援助が急がれますし、そのためには、専門家、関係者、離婚経験者、未経験者などなど様々な方々の熱い想い=情熱!と、日々の暮らしを支える=常熱!が、欠かせません!
    是非是非、お知恵、お力添えのほど、何卒よろしくお願いいたします。

     

    マイハウス募集

     親子の絆交流に使わせていただける場所を探しています

    ♥マイハウス
     親子が、ゆっくり過ごし くつろげる 我が家のような空間

     子と親の交流で、いつもどこかへ“お出掛け”では、
      きっと疲れてしまうときもあるかもしれません。
       そんなときに使わせていただける場所を たくさん作りたいなー
        お部屋、空き家や空き部屋など、ご提供いただけませんかぁ

    myhouse

     

    推薦書籍

    「離婚後の共同養育と面会交流 実践ガイド」
      /J.A.ロス、J.コーコラン 著 青木 聡、小田切紀子 訳(北大路書房)

    「離婚で壊れる子どもたち-心理臨床家からの警告」
      /棚瀬一代(光文社新書)

    「離婚と子ども-心理臨床家の視点から」
      /棚瀬一代(創元社)
    “第6章 5. 面接交渉の制限とビジテーション・センターの役割”
                   を、ご覧いただけます     NEXT

    「離婚―前を向いて歩きつづけるために」
      /小田切 紀子(サイエンス社)

    「離婚を乗り越える―離婚家庭への支援をめざして」
      /小田切 紀子(ブレーン出版)

    「離婚後の親子たち」
      /氷室 かんな(太郎次郎社エディタス)


     お問い合わせ

    利用申し込み、会員申し込み、ご相談、お問い合わせ、ご意見 等々、
    メールもしくはファックスにて、何なりとお寄せください。
    必ず、ご氏名・ご年齢・ご連絡先(電話番号、メールアドレス)を明記のうえ、
    メールもしくはファックスまたは下のフォームにて、お寄せ下さい。
    MAIL:info@fvsnet.org
    簡単なご対応(お問い合わせ等)は、お電話でお受けいたしております。
         TEL:090-8472-9931

    メールフォーム

    お名前

    E-mailアドレス ※必須

    Subject:

    メッセージ