CHRONO CROSS

総勢40名以上のパーティーキャラ、の売り文句に惹かれ
空前のスケールで、星の夢を贈ろう
この一言にときめき
今よりずっと幼かったあの日の僕は、このゲームを買ったのでした。


一度は友人に借りパクされたものの、どうやらマジに返って来ない様子だったので
再度、自ら購入。
勿論、攻略本も再購入。
恐らく、生涯、僕が愛し続けるであろうゲームです。
何故こんなにも愛しいのだろう。
何度プレイしても、引き込まれてしまう物語。


本作はプレイステーション時代のゲームで(確かFF8くらいの時期だったかと・・・)
かっちこちのポリゴンです。
最近の美麗CGに馴れ親しんだ若者達には、ちょっと近寄り難いかもしれませんが
やってみると案外すぐ慣れます。
何気にムーヴィーシーンは美しい〜のですよ!!
リアルさとかそんなんよか、ん〜、鮮やかさが良いですね。
辺境の諸島が舞台なだけあって
民族的な眩しさが際立ち、なんともヴィヴィッドな世界が展開されております。
僕はそう言えばFFシリーズでは10がお気に入り。
民族的な匂いが好きみたいです。


好き好き言っても、僕は実は未だに、内容を完全には把握しておりません。
何度もクリアしたんですがね〜。
全種エンディング見たと思いますが・・・クリアと理解は別問題!!なのだ〜!!


クロノ・クロスは、あの名作クロノ・トリガー続編です。
しかし鳥山デザインなキャラ達ではないので(絵柄どころか等身から違う)
続編〜??と怪しんだ方々も多かったのではないでしょうか・・・。
何を隠そう、この僕はクロノ・トリガー未プレイでしたが、本作を買ってしまったのです。
続編だと聞いて、うっそぉぉ〜んと思いましたよ。
いやいやいやちょいちょいちょぉぉい。
絵柄違いまくりじゃぁぁん、ってね。
けどプレイしてたら
こ、これは・・・!!
間違いなく濃密に密接に繋がっているようだ!!
と、確信。
前作での主人公達が亡霊の如く現れては何やら語って消えて行くのです。
物語の核となっている部分に触れて行くと、前作との繋がりがぼわわぁぁんと見えてくるのです。
よく分からんが、おおぉぉ〜!!みたいな。


でも僕みたいに、前作知らなくても楽しめちゃいますよ。
当たり前に、知ってた方が楽しいでしょうけど!!
初プレイから何年も経ちましたが、まだ、前作未プレイ。
本作お気に入り過ぎて、別にもうそんなね〜これだけで完成されちゃってますもん、僕の中では。
だから僕は平なのさ。


同じようでちょっと違う。
似てるんだけど、何か違う。
此処とは別のもう一つの世界、パラレルワールド
プレイヤーは、主人公セルジュとなって二つの世界を行ったり来たり冒険します。
片方の世界では、セルジュはもう死んでしまってるとか・・・がび〜ん。
家にも知らん人が住んでるぞ〜あわわ。
恐竜人だの龍神だの何なんだ?
凍てついた炎って?
時を喰らう者ってラスボスの名前かっけぇ〜。


さてさて、仲間に出来るキャラがいっぱいなのが素敵なこのゲーム。
先ず!!
ドラクエ(天空の花嫁)かって感じですが・・・貴方ならどうする?
運命の少女か、幼馴染か。
僕はどうしても幼馴染って立場が好きでしてね・・・。
だってなんだか結ばれないと悲しいんですもん・・・しくしく。
ずっと近くで見て来たのに。
こんなん言うてますけど、別に二人から一人を選ばなきゃいけないような場面はありませんよ。
あ、でも幼馴染を仲間にせずに進めたり
運命の少女を見捨てたりできます。


絵柄が僕好みなので、攻略本見るのも楽しいのです。
見た目ってのは大事なのです。
ビジュアル系吟遊詩人のスラッシュ。。。一人称が「ボク」な妖精さんラズリー
ポケモンでのイーブイ的なポジションツマル。。。ポリゴンになると可愛さ8割増しな龍の子
兎の亜人である(武器は人参)ジャネス。。。片思いを秘め続ける隠れイケメンのカーシュ
可愛いツンデレ?嬢のマルチェラ。。。腰!!尻!!ミステリー!!な巫女さんのスティーナ
筋肉美人のオルハ、うんうん可愛いなぁ皆〜。
特に女性陣がグッド!!
体重が異常に軽いのが恐ろしいのですが、ゲームだからその辺はスルーだぜ!!
キャラクターそれぞれ必殺技も用意されてますし、何より彼等一人一人に在る背景が良いですね。
各々事情が在るのですね〜。
スラッシュや妹のマルチェラの辺りは特にごたごたしてて、楽しいっすね!!


そんな素敵なキャラ達は、主人公含み、名前を変えられます。
なので、我が家での主人公は今、トカイです。
何故トカイかって、そりゃ〜田舎育ちっぽいから名前だけでも、ね〜。
以下は全て僕の姉が付けた名前達です。
犬っぽい生き物の「いぬ」。。。ドラゴンボールに出てた彼を思い出させる「ウーブ」
メンタル面が弱くて心配な「ヤブいしゃ」。。。クールな科学者「メガネひしょ」
事情があるケチな坊や「シュセンド」。。。どう見てもあの声優さんの声が似合う筈なエリート「みつき」
人魚か半魚人か分かりませんが「ギョ」。。。頭に白蛇という美的感覚の持ち主「クレオパトラ」
等々、全員ばっちり名付けてます。


どのキャラをパーティーに入れているかで台詞が変わったりってのが多いし
あっちの世界での行動が、こっちの世界にも影響してたり
あっちでは滅んだ物がこっちでは存在してたり
ぐるぐる歩き回るのが楽しいゲームですね!!
これぞRPG


本作は、キャラの強さ向上がレベル制ではないので
戦いに参加してないキャラも同時に強くなって行きます・・・や、優しい。
どんなに使わないキャラであっても、レベル3のポッポのままだ〜みたいな事にはなりません。
ボックスに預けっ放しでも大丈夫、ピッピもプリンも強くなるよ!!
そんな感じです。


更に、2周目以降のプレイでのお楽しみもざっくざく。
仲間キャラも、1周するだけじゃ全員仲間に出来ないので!!再プレイ必要不可欠!!
最低でも3周はしなけりゃぁ。


兎に角、細かいイベントや追加台詞で溢れているので、退屈しません。
FFに負けないゲームを・・・!!というスタッフの皆さんの頑張りが見えてきます。
ギャグってるというか、ちょっと力の抜けるような雰囲気もあるのに
内容は糞真面目でへヴィー。
だって主人公が片方の世界では御臨終してんですよ?!そら真面目な物語にもなりましょう!!
人間という存在は云々〜と難しい文章で語られても、僕は混乱するだけだ〜。
過去だの未来だの次元を超えたスペクタクル。
スペクタクルの意味って何なんでしょうか、知らんけど使ってみました。
そんでもって
全編に漂う神秘的な空気。
曲も含み、雰囲気が素晴らしく素敵。
綺麗な色の海の向こうに、こんな世界が広がっているのかな・・・。


神秘的さに惑わされちゃいかん。
本当にへヴィーで、考えさせられる内容となっております。
混乱すると言いましたが、これは心地良い混乱ですよ。
あ〜、何がなんだか分かねぇ〜・・・でも好きだぜ〜・・・みたいな、ね!!


そんな訳で、星の見る夢はまだ終わりません。
フルヴォイスでもなけりゃ長いムーヴィーもありませんが
こんなに愛しく思えるゲームは、他には無いのです。


のページへ                                                                                       トップページへ