DUB WAR。。。PAIN

僕はラップを聴かない。
基本的に、エミネム以外はそんなに愛でていないのです。
が、ロックとの融合は大歓迎です!!
ラップメタルは超絶かっけぇのです、ブラボーなのです!!


ダブ・ウォーのデビューフルアルバムなのです。
我が姉は相当にビビビっと来ないと認めてくれないのですが、本作に関してはすぐに、これ何のバンド?と訊いて来ました。
お〜これは間違いないじゃん、と確信しまして
今回のテーマに連れて来ました。


取敢えず爆音で聴く事は必須です。


不穏な前奏、でもそんな重くなさそうだな〜とか思っていたら
大間違いでした。
幕開けからキレまくりでした、すいません。
1曲目、WHY
これは・・・魂の「WHY」ですね、叫び倒しております。
ううぅぅぅぅかっこいいぃぃぃぃ。
攻撃的だけどちゃんとメロディを追える、というメンバーの評価通り
ベンジーの激しくもノリノリなかっこ良さには痺れます。


ラップを愛する皆様には叱られてしまうでしょうが
世界中のラップがこのような感じだったら・・・最高なのにな〜とか考えてしまう今日この頃。
ラッパーな皆様、どうか怒らないで。


3曲目のNAR SAY A TING、これまた興奮しちまいますね。
ルーズな雰囲気も漂わせながら、ばっちりクールであります。
ベンジーの声(歌い方?)が凄ぇ僕好みっす。
私事で恐縮ですが。
サビの「YOU AIN’T GOT NOTHING GOING ON」の辺りとか、かっこよさの極み。
声(やっぱし歌い方??)可愛くないですか?
僕は歌ってる途中にキュートな笑い声とか雑じえちゃうのが大好きでして・・・。
良い!!ったら良い!!


ベンジーは黒人さんと言う事で(他のメンバーは白人さん)、改めて、黒人さんはリズムに上手く乗るなぁ〜と感心。
歌が上手くない人も居るのだろうか・・・?
イメージ的には全員、歌、上手そう〜っす。羨ましい!!


4曲目、MAD ZONE
だから・・・かっこいいって言ってんだぜど畜生〜。
特にサビの!!「LEAVE ME ALONE I WONA BE IN A M<AD ZONE」!!
堪らんですな!!
曲全体を包む混沌とした緊迫感みたいなんも素敵です。
笑ったり叫んだり、個人的には激!!盛り上がってしまうのですが・・・。
いぇ〜い、これ好きなんだ〜とか言ったら、親は余り良い顔しないでしょうね!!うんうん!!


続くSTRIKE IT
ラップテイストを取り入れると何が楽しいかって、癖になるようなぐるぐる同じフレーズを繰り返す感じ。
嫌でも脳にこびり付いて、離れなくなります。
そうか!!
近年、音楽業界がラップ色に染まってんのはそういう事なのかも・・・!!
いや最近はカントリーがぐいぐい来てますからね、うむ、分からん。
脱線しましたが
癖になるサビの心地良いこと。
サビ迄は比較的、緩〜い流れなのに・・・サビは何故こんなクールなのか・・・。
いつの間にか、ストライキットゥ!と一緒に歌い出してます。
ベンジーは相変わらず悪戯っぽい部分を含ませ、お茶目な歌唱ににんまりです。


ダブ・ウォーの歌詞の内容は、社会的メッセージが込められてる物ばかりのようです。
本作ペインに収録されてる曲は、恐らく全部そんな感じです。
今から15年くらい前の作品なのですが、今も当時も、世界の状況は対して変わっておりませんね。
若者達がこのような曲を聴いても「あぁ、昔の事だね」と笑って話せる未来は来るのでしょうか・・・。
ま、来ませんでしょうけど
それはそれで、若者達は戦い続けるのです。
そうして生きて行くのです。
戦い続ける限り、このペインのような作品が生まれ続ける事でしょう。


しかし最近はどうやら戦うよりハイになりたい人々。
レディー・ガガやケイティ・ペリーや片仮名表記がイマイチ分からないあのお姉さんやらが売れてるってのは
そういう事なのでしょう。
兎に角、踊れ!!盛り上がれ!!的な曲とかがチャート上位を長期独占しているってのは
つまりそういう事なのでしょう。
って事は、世界は今、休息を求めているって事か・・・?
知らん。
何はともあれ、僕は今日もロックを愛でる。


8曲目、NATIONS
ちょっと大人なミステリアスメロディが印象的な曲。
景色がモノクロかセピアに見えてきそうなほど、曖昧な魅力を放っております。
こういうのも好き。


続くGORRIT、ぼわわ〜んと始まります。
でも後々ちゃんとクールに盛り上げて来ます、よしよし。
なんかそうだよ。
そうなんです、なんかベンジーの声って、サードアルバム辺りのSEBASTIAN BACH的なのです。
若干ね。
そ〜かそ〜か。
通りで可愛い筈だ!!


11曲目、FOOLS GOLD
雰囲気はがらっと変わりましたが、これを何と呼ぶのか僕は分からないので、申し訳無い。
ナナナナ〜って感じです。
こういうのをブっ込んで来ましたか・・・やるなぁ。
こういうのは歌が上手くないと歌えない(大火傷します)ので、やっぱ上手いのね〜と、またまた感心。


12曲目はOVER NOW、やっぱこういうのが良いんだぜ!!
騒がしくて、吠えるように叫ぶ。
警報機が作動しちまったのかってくらい急ぎたくなるような、急かされる曲。
あぁだこうだと考えてるより、音楽に身を任せましょう!!


さて、締め括るはSENSERのハギスがリミックスした
2曲目MENTALの、RUYERE REMIXヴァージョン。
浮幽霊的な音や、デジタリックな音がもりもり盛り込まれて、激しさ抑えて妖しさ2割増し。
これもこれでなかなか乙ですね。


爆音で聴かなきゃ損ですね。
折角こんなに叫んだり〜がちゃがちゃぴごぴご五月蠅くプレイしてくれてるのに。


出来る事なら立派なスピーカーで聴きたいのですが・・・。
リッチメンになりたいぜ〜。


のページへ                                                                                 トップページへ