SLAYER。。。DIVINE INTERVENTION

スラッシュメタル四天王(の内の一つのバンド)、でしたよね?!
いやぁ!!
こういうアルバムをですね〜、一々一曲ずつあぁだこうだ言うのも間違ってる気がしますが
ままま兎に角、行ってみましょう〜。


近くにヘリコプターでも飛んでんのかいな?的な音がする・・・。
1曲目の前奏だけで、なんか、理解しました。
これから何が起きるのか。
KILLING FIELDS
ギターソロが無理矢理に盛り込まれ、しかもこの浮いたギターの音!!
清々しい。
実に清々しい。
僕は
上手いのかそうでもないのかよく分かりませんが、このような歌い方は逆に難しそうだなぁ、と、いつも思うのですよ。
唐突に終わっちゃうとこも好きですね〜。


3曲目、FICTIONAL REALITY
単語を吐いて捨てるようなサビが楽しいですね。
ごちゃごちゃ不穏な雰囲気のギターも良い味を出してます。
やっぱ唐突に終わっちゃうとこも好きですね〜。


続いてがんがん飛ばしてぐんぐん進んでっちゃう4曲目、DITTOHEAD
急に始まってそのまま止まらねぇ。
手を伸ばしても触れられねぇ。
ちゃんと緩急ありますけど、基本、エンジン全開。
ハイウェイのスピード狂って感じっすかね〜。
破茶滅茶に走り回った挙句、逃亡。


僕にとってこういう音楽は、スナック菓子みたいな存在なのです。
軽視しているんじゃないですよ!!
滅茶、褒めてます。
ひょいパクひょいパク、手が止まらないやぁっべぇぇぇぇぇ〜。
そんな感覚であり
(良い意味で)音が軽いので、聴き易くて!!BGMに最適な音楽と言えましょう。
常にかかってても苦にならないですね。


さて5曲目、タイトルトラックのDIVINE INTERVENTION
刻みますね〜!!
血管が切れちまわないか心配な歌い方、僕には出来ない芸当なので・・・こういうのは憧れます。
取敢えず体力が要りそうだ。
スレイヤーって聞くと、スレイヤーズってアニメ思い出しますが
そんな場合じゃありませんね!!
因みに僕、そのアニメ一度も見た事無いですが
メインの二人の内、髪が短い子のが好みであります!!
ど、ど〜っでもいいぃぃぃぃ〜!!
そんなんどうでも良い!!
次だ次!!


6曲目、CIRCLE OF BELIEFS
おわ〜、こういうの大好きですよ〜!!
ボイスチェンジャー風な荒い声の加工的な?なんだかよく分かりませんがかっこいいじゃないですか〜。
そういう加工を施すと、五月蠅さが増してグッドな仕上がり。
このアルバム、もっと騒がしくしても全然良いぐらいですよ〜!!
でもこんくらいのが聴き易いのかもしれませんね、枝豆感覚で。
気付いたら・・・はっ!!また聴いてしまってる!!みたいな。
さっきから思ってましたが、ギターがですね〜
入り込めそうな隙間さえあればすすっと割り込んで来て、楽しいですね。
ギターソロ〜、長々とある訳じゃないですがなんて清々しいんだ。
良いなぁ。


やぁぁっぱこういうアルバムを一曲ずつどうこう言うのは間違ってますね!!
色々自分で言ってる事が馬鹿らしくなって来ちゃいますもん!!
そうじゃねぇだろ、と。
全体で一塊っつぅか・・・。
区切って考えたくなくなるのですよ、ずっとぶっ通して聴いて、終わった時
おぁぁ〜、気持ち良いアルバムだった!!
って親指を立てたくなっちゃうような音楽なのです。
聴きながらその曲について深く考えたりする必要ゼロ、僕にとってはですが。
だから聴いてて楽なんですねかね??
聴いてるとただ、御機嫌になるだけですよ、るんる〜んって!!


8曲目、SERENITY IN MURDER
セレ二ティか・・・セーラームーン思い出してすいません。
あのアニメに挿入歌としてこんなんかかった日にゃぁもう、PTAから抗議の電話が殺到ですよ。
始まり方がかっこいいな、この曲。
楽器達が悩ましげでなかなか色気があるような・・・。


最後まで油断してはいけない。
最後が最もテンション高い可能性だってあるのだから。
10曲目、ラストのMIND CONTROL
すっ飛ばしてます。
ギターも少々クレイジー(其処がクール)。
良いね〜、こういうの良いですね〜。
信じられない速さで飛びまわるテントウムシって感じです。
う〜んかっこいい!!


楽器陣、マジに手が忙しそう(足もか!!)。


最初から最後までテンションが保たれ、というより全く変わらない勢いで駆け抜けるアルバム。
ジャケットはダークスペイシーな雰囲気ですが
中身はなんとも気分が良くなる内容。
あぁ、爽快なり。


のページへ                                                                                トップページへ