THE DARKNESS。。。PERMISSION TO LAND

一度聴くと病みつきになってしまう不可思議なファルセットヴォイス。
華麗なる撹乱。
ザ・ダークネスとか名乗ってる割に、なんとも御機嫌な曲達!!
イギリスでのアイドル的人気云々・・・そんなもんど〜だって良いのさ!!
このアルバムは最高にクールだぜ!!
それでオーケー。


1曲目のBLACK SHUCK
彼等のファンキーな素晴らしさは早くも全開。
何?!と思わざるを得ない部分(「〜VISITED UPON」とかね!!)での高音ヴォイス挿入っぷり。
フロントマン、ジャスティン・ホーキンス(以下ジャスティン)のカリスマファルセットが冴えまくりなのです。
「BLACK SHUCK」なサビも親しみ易くてかなり良い感じ。
この一曲で大成功だね!!と確信出来てしまう。
そして実際その確信通りな内容なので、嬉しいったらない。


2曲目、GET YOUR HANDS OFF MY WOMAN
歌い出しから惜しげも無く高い声をばりばり披露してくれっちゃって・・・熱いぜ。
サビは専ら「俺の女に手を出すな この野郎」。
キャットスーツに身を包んだぎりぎり変態な格好の人が歌ってるのかと思うと、益々、熱いぜ!!


兄弟バンドは良質バンドが多いとされているらしいですが(オアシスやらザ・ブラック・クロウズやら)
このバンドもそうですね。
っつっても、ジャスティンは脱退しちまったそうですが・・・。
別のバンドで活動するにしても、兄弟仲良く音楽を続けて欲しい物ですね。


3曲目はGROWING ON ME
なんか僕的にはとってもイギリス的なメロディに感じます。
つまり好きだって事です。
これをシングルカットするって、売れる事間違いなしでしょうが〜!!
幅広く愛されそうな曲ですもん。
例えばどっかのお店とかで偶然にかかってたりしたら
あれ・・・誰の曲だろ、良いなぁ!!
って気になっちゃうであろうなぁ、勿論、僕は気になるだろうなぁ。


4曲目はI BELIEVE IN A THING CALLED LOVE
幸せの絶頂に居る時、BGMはこの曲が良いなぁ〜。
愉快というか・・・これ聴いてハイになるってより、ハイになったら聴きたい曲ですね。
「TOUCHING YOU,TOUCHING ME」の幽霊シャウトは見事。
「GUITAR!」って叫ぶ時の声はなかなかキュートですよ。
う〜ん、こんなにもハッピーな曲があったとは!!
僕自身は愛だの恋だのに興味無いのですが、世界中がラヴコメディみたいな感じになって欲しくなりました。
そこら中でラヴハプニングですよ。
う〜ん、やっぱそんな世界は嫌かも!!


どっしぇ〜。
ジャスティンの声は何気に切ないようなメロディに超しっくり来るんです。
5曲目、LOVE IS ONLY A FEELING
しっとりと魅せてくれます。
流石、ブレア首相をも虜にしたバンド。
ギターの音は澄んできらめいています。
暖かい雨に打たれているような、静かに濡れる街並みを只、眺めているような
ホットな感動を有難う。


6曲目のGIVIN’UP、この歌詞を見よ、なんつ〜内容!!
お薬万歳!!的な曲って無駄にハッピーなメロディだったりしますが・・・
その極みだね!!これは。
(当然)やったこと無いのでその感覚は分かりゃしないんですが、どうやら随分と現実逃避出来るらしい。
僕はロックを聴く事と絵を描く事で現実逃避してるんですが
恐らく効果は数万倍なのでしょうな〜。
だってこの曲。
ラリりまくってんのか覚めてんのか。
登山で例えりゃ、完全に登りきってるねチョモランマ!!


あぁ、去りし日々を懐古するような香り、8曲目のFRIDAY NIGHT
ふぅ〜ぅっふ〜ぅっうっふっふっふ〜。
外国のお洒落な田舎で過ごした学生時代(そんな思い出は無いけど)が浮かぶなぁ。


9曲目、こちらは大人クールなロック、LOVE ON THE ROCKS WITH NO ICE
サビの「LOVE ON THE ROCKS」での「LOVE」
お得意のファルセットで妖しくがっつり盛り上げてくれます。
謎の迫力を感じる。
こんなかっけぇのにセカンドアルバムではハゲについて歌いあげてるとか・・・本当凄いぜ。


こんだけの内容なら、本作パーミッション・トゥ・ランドが全英初登場2位でも文句はあるまい。


10曲目、HOLDING MY OWN
薄暗い部屋と幻想的なキャンドルの灯りが似合いそうな曲です。
ドラマチックで、とてもホット。
サビの「I’M HOLDING MY OWN」の何気に壮大なメロディ・・・!!
只の珍ミュージシャンには作りだせる筈無かろう。
彼等は本物だったのだ・・・。
そう、魂のファルセットシャウトに嘘は無い。


売れたかどうかが分からないのだが彼等、セカンドにも素晴らしい曲を生み落としていたよ。
あぁ・・・僕はサードを待っていたのさ。
ジャスティンよ・・・!!
しかし新バンドに期待するってのも楽しみなもんだ。
どんなサウンドしてんだろか〜??
わくわくしますわぁ〜。


のページへ                                                                                トップページへ