HIM。。。VENUS DOOM

いぇぃいぇ〜ぃ、ラヴ・メタルですよ〜。
自らの音楽スタイルを、そう名付けたんですよ、このバンド〜。
そんでもってシンボルマークのハータグラム(ハートとペンタグラムを融合させた物)・・・
こ、このマーク・・・かっこいいのか・・・?
可愛いな、お前らぁぁぁぁぁぁ〜!!
ちょっと笑っちまうような、しょっぱいセンスが魅力のHIM(ヒム)。
元のバンド名は、HIS INFERNAL MAJESTYらしいですね。


このアルバムは、ヴォーカルのヴィレ・ヴァロ(以下ヴィレ)がフィアンセと破局した頃に作られているので
ロマンティックで且つダークな仕上がり、なんだそうだ。


では早速、参りましょう〜。


1曲目、タイトルトラックのVENUS DOOM
底の方(兎に角、低い所)で鳴っているような、徹底的に昇って来ない曲。
ゴシックアニメの主題歌になりそうだな。
疾走する曲、しかし低空飛行。
こういうダークさを保ちつつ、退屈させないとは・・・これは佳曲だ!!
サビの「MY VENUS DOOM」の部分が、非常に綺麗な流れだと思います。
黒い薔薇が咲き乱れそうだなぁ。
良いねぇ〜。


全体的に、曲の雰囲気やヴィレの歌い方もそうだし
日本のヴィジュアル系的な匂い。
いや寧ろ、最近のパンキッシュなヴィジュアル系バンドと比べたら
このバンドのがよっぽど(僕の知ってる頃の)ヴィジュアル系してるかも。
っつっても
最近のヴィジュアル系に詳しくないので、適当な発言ですねこれは・・・失礼しました!!


2曲目、LOVE IN COLD BLOOD
サビのメロディアスなこと!!うっとりですね・・・。
後ろの方で聞こえる叫び声とか〜素敵だよいぇぃいぇ〜ぃ。
何処までも曲の持つカラーが薄曇った・・・黒、灰色、肉色・・・これは良い意味ですよ!!
僕は薄曇った雰囲気大好きですもん!!
ロマン・ホラー的なさ・・・中世のお城とかさ・・・。
お城の地下に在る儀式の間とかで歌ってそうじゃないですか。
そう言う事です!!


トランスフォーマーのサウンドトラックに収録された3曲目
PASSION’S KILLING FLOOR
その映画は有名だけど観た事無いのです・・・が
バトル物に合いそうな曲。


本アルバム、ヴィーナス・ドゥームからのファーストシングル
4曲目、THE KISS OF DAWN
お、サビでちょっと光が射した。
それはさて置き
さっきからな〜んか思い出しそうで思い出せなかったんですが、分かりました!!
そうだ!!
ソロ初期辺りのハイドっぽい曲、だと感じていたんです!!
英語でダークで、ラルク・アン・シエルで歌っている曲と比べると暗めというか・・・淀みというか・・・。
・・・。
両者のファンから抗議が殺到しませんように!!
どっちも好きなんです、許して下さいな。


6曲目、DEAD LOVERS’LANE
ドラマティックさは残して、どろどろした空気は晴れた様子。
ラストのサビでのヴィレの叫びっぷりはかっこいい限りです!!
僕は
なんだ〜超叫べるんじゃ〜ん!!かっこいいからもっとがんがん叫べば良いのに〜!!
と、勝手ながら思うのでした。
しっかしさっきから和訳を読んでて思いましたが
歌詞がラヴ・メタルって感じです。
これをいつまでも保って欲しい物です、貴重な存在となるかも。
とか言ってたら既に解散してた〜ってオチがよくあるのです。
僕、調べませんからね〜。


なんか色々とPVを見てると、結構、変化するねヴィレ。
とあるPVが非常にグッと来たんですが、何の曲だったか忘れてしまった!!
多分このアルバムの曲では無かったと思いますが
そん時のヴィレはセックシー。


10分越えの曲とかがあるからなのか(でも極短の曲もあるしなぁ)、9曲目にしてラストです。
CYANIDE SUN
過酷な道を歩いているよりは
過酷な道を地平線の向こう迄、塔の上から眺めているって感じ。
ラストは優しさの滲む声・・・で
お前を沈めてしまおうって歌詞な訳で・・・つまり
狂気を孕んだ優しさな訳だ!!
スローで、さらりとしたダークさを含んだ曲。


良いね〜。
褪せたカラーが浮かぶような曲で貫かれてて!!
熱狂的なファン、居るだろうよそりゃぁなぁ。
好きな人には堪らん世界観だ!!


のページへ                                                                                  トップページへ