ファンタジックチルドレン

ここ何年かの間に観たアニメの中でも、屈指の面白さを誇っております。
っつっても僕は殆どアニメ観ないんですが。
2004年でしたかな?テレビ放映時に姉が観ていて、どっぷりハマったらしく
知らない間にDVDまで揃えてやがったのです!!


しかしそれは正しい行動だった!!
僕は、僕は大いに感動したのです!!いや、そんなチープな表現じゃ駄目だ・・・。
兎に角、絵柄だけで食わず嫌いしちゃぁいけませんね!!
流行りからかけ離れたこの絵柄も、今では最高に愛しいですね。
逆に、この絵柄じゃないとこの物語は完成しなかったでしょう!!


全26話
、主要登場キャラが少なくない上に、それぞれのサイドストーリーがしっかりしていて
説明するには複雑だ!!
だから、きちんとしたあらすじ紹介はしません!!
ネタばれもがんがん行っちゃいます!!
では行ってみましょ〜。


これは、罪を犯した者の贖罪の物語、なんだそうだ。


惑星ギリシアの王の娘、ティナ
理由あって地球に転生した彼女を(自らも何度も転生しながら)探し続ける、ベフォールの子供達
ベフォールの子供達を追う刑事、クックス
地球で転生して何度目かのティナの姿、ヘルガ
ティナ復活の為にヘルガを追うシスコン弟、デュマ
ヘルガと出会い共に行動する少年、トーマ
まだまだ居るのです、わんさか。


序盤は、全然喋らない(というか無視してる)ヒロイン、ヘルガに対して
ぬおぉぉぉ〜!!ってなりました。
矢鱈と世話焼きなちびっこ、チットとだけは喋るんですね〜。
チット、あんましヘルガを甘やかすんじゃないよ。
彼、将来は、存分に世話が焼けるだらしな〜い感じの女性と結婚するのでは・・・?
僕はどうしてもトーマに肩入れしてしまう。
おい!!トーマを無視すんなぁぁ!!トーマ良い奴なんですよ・・・本当。


因みに、我が姉のお気に入りは、シスコン少年デュマ君です。
あの子は本当にこの先どうすんだろうな・・・。
作品中、最も可哀そうなキャラかもしれません。
いえ確実にそうだと言えます。
救いがない・・・。
ギリシア人は地球人とはサイズが違うんです、地球人からしたら巨人なサイズ。
デュマは、憎きお父上によって無理やり地球人サイズに縮められてしまいましてね・・・。
あと、ギリシア人は地球人と歳をとる速度が違うというか、時間の感覚が違うというか。
え〜とつまり、地球にもギリシアにも居場所が無くなってしまった、と。
どうすんだぁぁ〜。


ヘルガとトーマが物語を進めて行く訳ですが
僕的に、主人公はベフォールの子供達ですね、彼等は皆、ギリシア人です。
一人一人が良い味出しまくりです。
全員の紹介はしませんが、言いたい事だけ言い逃げしちゃおう。


リーダー格のアギ
男の理想の妹像まんまか?!ってぐらい可愛い妹の居る家庭に転生した彼。
震える裏声で歌い出すと、僕は何故か照れてしまう。
アギと良い雰囲気なのにくっつかないソレト
あとちょっとトーマとも良い空気でしたな。
ソレト役の声優さんが非常〜に良い!!良いったら良い!!
息の裏返るような吸い方が良い。
ソレトっつ〜キャラ自体、また良い女だよ・・・全く。


良い女っつっても、見た目は全員11歳なんですがね!!


ポエマー、ハスモダイ
あ、呪文じゃないですよ。
ハスモダイって名前の子が居るんです。
ヘッセの詩をよく口ずさんでる(恐らく心の中で)。
そうして僕に、ヘッセの詩集を買えと言っている。
だ〜、詩集も良いけど
やっぱハスモダイに読んでもらいたいんだよね、俺。


ベフォールの子供達は、元は、ギリシアの王室科学局タナトルーム科学者達。
事情が色々ありまして、ティナの魂を地球に転生させたのが彼等。
頭がクレイジーになってる王の(連れ戻せ〜的な)命令により
自分達も魂を地球に転生させて、科学の力で記憶を繋ぎ
ティナの生まれ変わりを探していたのです。
何百年も、転生を繰り返しながら。
ギリシアに戻るか、戻らないか、ティナ本人の口から答えを聞く為に。


そんな旅の途中に、二人の仲間を失ってしまいました。
何度も転生しては、その時代の人生を捨てて、ギリシアの科学者としての記憶と共に旅をする。
元々、ギリシアに居た当時の研究に疑問を抱いていたパルザ
コンラート・ルーゲンとして生を受けた時代に、彼は、パルザとして生きる事をやめたのでした。
疲労もあるしね・・・。
11歳を過ぎた辺りからギリシアの記憶は薄らいでしまい
やがて忘れてしまうのです。
パルザはその後、コンラート・ルーゲンとして、しかし科学者として生きました。
そしてその恋人、メル
っつぅか彼女居るんだから脱退すんなよ〜パルザ〜。
ママ〜って泣くなよ・・・これ現実的に幻滅だよ・・・。
彼、元々デリケートだったからね。
メルは、成長した恋人パルザ(コンラート)を見ようとして暴走、転生時期が他の皆とズレてしまい
記憶が他より早く失われてしまったのでした。


パルザとメル、この二人の愛がですね〜・・・良い!!
ティナと恋人ソランの愛なんて、僕にはも〜、ちっぽけに見えて来るね!!はっはっは。
二人の愛は・・・良い!!
そんな僕のお気に入りの台詞は
パルザ、それは神話よ。私達はもうじき結婚して、ずーっと、一緒。」
なんのこっちゃって感じでしょうが、いやぁ、この台詞〜良いっす〜。


メルは生まれ変わって、ゲルタとしての人生を生きているのですが
勿論、ギリシアでの記憶はありません。
それでも、何故かコンラート(パルザ)を尋常じゃなく慕う姿は・・・これぞ愛。
あ、ゲルタとコンラートは、生きてる時代が全然違いますよ。
ゲルタからしたら、コンラートは、歴史上の人物って感じですかね。
離れ離れどころじゃないですよ。
時代まで越えた愛だ〜!!


あ〜ぁ、ギリシアではもうじき結婚だったのに・・・メル、パルザ・・・。


このアニメで僕が感動するシーン。
ベフォールの子供達の一人、ヒースマが死ぬとこ。
仲間の内で唯一、故郷ギリシアに帰りたがっていた彼は、そのこだわり故に命を落とす事になってしまったのでした。
おいおいお前!!な部分の多い奴でしたが
死に際の「僕は・・・帰りたかったんだ・・・」には、うぅ〜、そうだね。
帰りたかったんだど畜生ぉぉ〜!!


あと、ワンダーの最後。
ベフォールの子供達の仲間なロボット、ワンダー。
あいつぁ、良いロボットだった!!
僕、ロボットに弱いんです。


さて、話をメインの二人、ヘルガとトーマに戻します。
ま〜ま〜ま〜、これがメロアニメだったら
トーマも元ギリシア人。
立場は、ティナの恋人ソランでしょう。
クライマックスでそんな事実が明かされ、運命の相手と既に再開してたのね〜めでたしめでたし。
そうでしょう?!!
確かにトーマは、元ギリシア人だったさ。
でも、ソランの生まれ変わりじゃないなんてぇぇぇぇぇ〜!!
しかも、ソランを殺したセスの方だったなんてぇぇぇ〜!!
おわわ〜。
騙す気まんまんな幼少時のデザインにしてやられた!!


セスって、善良な心のみで作られたような、良い奴。
ティナの幼馴染で許婚、小さな頃からティナを守る事に努めて来たのです。
ところが、ティナがソランに恋をしたと知るや否や、二人の仲を応援。
変わらぬ優しさでティナに接しつつ、ソランとも親友で居るセス。
でもごたごたが起きててんやわんやで
ソランをバーンしちゃうのでした。
でも直後に即行、後悔。
自分を責めまくり。
銃を手から落とすあの場面は超絶に素晴らしい!!わなわなぶるぶるぶるんぶるん。
僕としては、いやいやいや、ティナとソランが酷いよ。
あの時、セスを置いて行かなければ・・・。
どうしてもセスに肩入れしてしまう僕なのでした。
だって腕一本持ってかれてますし・・・
腕!!
しかも意識無しとはいえ、やったのティナですからね。


だからトーマとヘルガはくっつかないんです、しくしく。
あ〜ぁ、ラスト、美味しいとこどりな登場のソランの生まれ変わり・・・
イケメンです!!なオーラと白い歯してたな・・・。
トーマ・・・良い嫁見つけてね。


ふっふっふ〜。
見飽きないアニメだ〜。
何周でも観れます。
事実、たった今も、何度目だろこれ〜。


のページへ                                                                                  トップページへ