BACK TO THE FUTURE

超有名で、今なお多くの支持を得ている青春SF映画。
今回はシリーズの一作目について。


ヴァン・ヘイレンが盛んな85年、ロックスターを夢見るギター少年マーティ
親友である科学者、ドクの作ったタイムマシーン
自分の両親の若かりし頃へと吹っ飛んでしまいてんやわんや、って感じのお話。
なんて適当な説明!!
しかし御存じの通り、説明など要らない映画なのであります。
内容がどうのとか考えてる場合じゃぁない!!
面白いんだ〜!!理屈抜きで!!


デロリアン(車の名前)って超クール。
売れなかったらしいですが。
この映画に出て来るタイムマシーンは、デロリアンを改造した物。
最終的には宙に浮かんだりエコな感じになったり凄い進化を遂げます。
デザインもかっちょいいんですが、何が良いって
時間を超える瞬間に、火が走るとこ!!
車(タイムマシーン)は姿を消して、炎だけがざざーっと走ってくんです!!
あぁ・・・かっこいい・・・。


若い頃の両親の出会いをぶち壊しにした結果、若きマーティ母はマーティに惚れてしまう。
このままでは自分の存在が消えてしまいかねない!!
ていうか色々まずいでしょ!!
なんとかしてマーティ父に頑張って貰わなければ〜!!
でも駄目だ〜。
マーティ父なよなよだ〜。
なよっぷりがまた笑えるんですが、マーティはえらい苦労してました。
最終的に若き両親は上手くいくのですが
見てるこっちもホッと一安心。
マジにはらはらドキドキさせられましたよ〜。


このシリーズの凄い所は、若いも老けるも同一人物は同じ役者さんが演じている所。
シリーズ2作目ではマーティ役のマイケル・J・フォックス(以下マイケル)の女装も見られますよ〜。
脚ごっついのに顔は可愛いんですこれが。
それはまた今度の機会に話すとして・・・。


両親のあぁだこうだと同時に
元居た85年に戻る為に奮闘するマーティ。
さて、このマーティとドクが良いコンビで・・・ドク、なんて良い人なんだ・・・!!
滅茶頑張ってくれます。
僕はドクのファンでねぇ、演じているクリストファー・ロイド(以下クリストファー)に盛大な拍手を送りたいです。
ぎょろっとしたチャーミングな目玉に銀髪(白髪?)
もろ科学者って感じな見た目も好きですし
頼りになるし
感動させてくれるし!!
好きだ〜。


そしてマイケルの演技は凄く可愛い。
驚いた時やらはっとした時やらショックな時やら、良いリアクションだ。
背がちっこいしね。
隣に居るクリストファーがでかいから余計ちっこく見えます。
どっかの隙間とかに挟まってそうだ・・・。


そうそう、続編にも1作目と同じ役者さんが勢揃いなのです、わぁい。
残念ながら、僕の大好きななよなよマーティ父を演じた役者さんだけ出てません、仕方ないけど残念だな〜。


物語後半にある、マーティのギター暴走シーンはとっても楽しいです。


元々は続編を作る予定は無かったらしいんですが
大人気だったし、続編を作れそうなラストだったし、結局、続編も面白かったし
良かった良かった!!
シリーズ終わりの3作目は、楽しかったんですが
もうこのマーティとドクの冒険が見られないのかと思うと哀しくて淋しくて・・・
終わらないで!!とマジに思ってしまいました。
で、1作目からもっかい見たくなってしまいました。


僕が思うに兎に角、楽しくて感動的で、希望的な映画です。
見終わった時に、笑顔なんですもん。


バック・トゥ・ザ・ヒューチャー
未来へ戻れ!!
ってタイトルも素晴らしいね。


名作も名作、大傑作なのであります!!
未来までずっとずっと、残していきたい作品ですね。


のページへ                                                                                 トップページへ