THE WILDHEARTS。。。ENDLESS,NAMELESS

どんと来い、騒音。
ざらついて不透明な本作を表す言葉、騒音、そう、騒音。
地獄のギターリフが〜とか、押し寄せるようなドラム〜とかそういうんじゃなくて
ざらざら加工の純粋な騒音。
頭の中いっぱいに音が溢れて、なんて心地良い感覚なんだろうか!!
こういうのが好きな僕には堪らない一品。


ザ・ワイルドハーツってバンド名から浮かんでいたサウンドイメージとは、随分かけ離れていた・・・。
このアルバムは一番最近にゲットしたCDの内の一枚で
ザ・ワイルドハーツとの出会いの一枚でもあります。
これが初対面。
最高の第一印象ですよ〜。超好印象ですとも!!
毎度こんな五月蠅くてかっこいいんでしたら、も〜最高も最高、エベレストですね。


1曲目、JUNKENSTEIN
段階を踏んで徐々に音量がアップしていくサプラ〜イズ。
最初、いつの間にか滅茶がんがんに音量上がってるじゃんか???!と、驚きましたよ。
「FINEーFINE JUNKENSTEIN」の部分を始め、楽しくて癖になりますね〜。


2曲目、タイトルが気に入ってます、NURSE MAXIMUM
のんびりしたお気楽チックな雰囲気から
「NURSE!MAKE ME WELL」で空気が変わり
「I COME HERE STRAIGHT〜」で一気に突っ切る感じがかっこいいです!!
一気に飛ばすぜ〜!!
ラストの(何て言ってるか正しく分からないのですが)同じ言葉ラッシュがまたまた・・・良い!!
洗脳効果も期待できそうです。


3曲目、ANTHEM、ロックンロールしてます。
ずしずしびりびり来るサウンドかっこいいっす、堪らん。
生で見るなら、心臓が弱いと危ないかもですね。体調崩しちゃいそう。


5曲目、PISSJOY
キッズの声が非常〜にナイスであります。
厚い雲に覆われているかの如きこの曲の中で
可愛くて張りがあって怖いくらい無邪気そうで、な〜んも考えて無さそうでもある叫びっぷりが、眩しい。
さぁ御一緒に
ぴぃぃす、じょぉぉぉいぃ、ら〜らららら。


続く6曲目、SOUNDOG BABYLON
出ました、トリッキー!!
サビはやっぱし癖になる分かり易さ、でもトリッキーな曲だぁ〜。
「SOUNDOG BABYLON」、とまぁごりごりがつがつする、そのちょっと前の部分ではふぅわぁぁ〜っとしてますしね。
トリッキー。テクニシャーン。


面白いなこれ。
7曲目はNOW IS THE COLOUR
「HEY THERE SWEET THING」の遊び心たっぷりなメロディと歌い方。
「NOW IS THE COLOUR〜」ん時のなんとも言えないテンション。
抑え気味っぽいですけど、遊び心的には爆発です。


やっふぅぅぅ〜、いゆっっっぴゅぅぅぅぅぅぅ〜。
嬉しくて(飛行中の)マリオみたいな声が出てしまった。
9曲目、WHY YOU LIE
アルバム中、最狂はこの曲でしょう(僕的には)。
和訳が付いていなかったので、実際はどうなのか知りませんが
サビはぱっと見、なんで嘘吐きやがったの?あぁん?って内容に解釈してたりします。
そう、このサビの大暴走っぷりは正に!!
嘘吐かれた時の心境そのもの!!
表には出さずとも、乱れ責めたくなる!!なんでなんでラッシュを浴びせたくなる!!
ふっ・・・と止まって、「WHY,WHY WHY〜」でのサビの爆裂スタートは最早、爽快の域。
「HUH?」が良い味を出してますよ・・・全く!!
あぁぁぁ〜好きだなぁぁぁ〜。
こういう暴風警報が発令されそうな曲は本当、好きだよ。
吹き荒れてますよ。
血管切れちゃいそうなくらいに、何かを責めたい時とかに聴くと、良いかも。


エンドレス・ネームレス(と読んで良いんですよね?)
これ以外の作品もこんな、嵐の中を堂々と歩くようなスリリングで五月蠅い感じなんでしょうか?
だとしたら凄く素晴らしい〜!!
是非、集めたいと思います。好きなんですこういうの〜!!
只管に騒がしくて、でも、捻ったメロディで、かっこいい。
こういうバンドが好きなんだ!!
最高だ!!


のページへ                                                                         トップページへ