FIREHOUSE。。。FIREHOUSE

圧倒的に親しみ易い、アーンド、綺麗なハイトーンヴォイス。
ライナーノーツからの情報によると、メンバーは皆、真面目で優しいようだ。
うん、だって、どの曲も優しいもんな。


本作はファイアーハウスのファーストアルバム。
後の作品のがシリアスというか、このアルバムは非常にうきうきします。
全体的に楽しい気分になります、僕だけかもしれませんが・・・。


さて、なんだか野性的な始まり方です、ROCK ON THE RADIO
このアルバム自体の始まりでもありますが、ほんの一瞬、何ぃっ?!と思いました。
何が始まっちまうんだ?!と・・・。
しかし良かった、心配など不要でした。
「YEAH,YEAH,YEAH,YEAH」ですよ。で、「はぁぁぁぁぁぁぁぁぅぅ」ですよ。
この、ず〜んちゃっず〜んちゃっ、っつーテンポが最高ですね。
ヴォーカルさんの声がもっと低かったら、結構ダークな仕上がりになってたかもしれませんな。
この曲を初っ端に持ってくるって、良いじゃないか〜!!


(日本のちょっと古い)ドラマの主題歌にしっくり来そうな曲。
しかも視聴率良さそう。
2曲目、ALL SHE WROTE
すぐ口ずさみたくなるようなメロディですね。
僕の勝手な想像ですが、日本ウケの良さそうな曲、な気がします。
実際どうかは知りませんが、僕は大好きです。


好きなので毎回カラオケで歌うんですが、口が付いて行かずに惨敗する曲。
そんな早口でもないんですが・・・英語は難しいね!!
4曲目、DON’T TREAT ME BAD、甘酸っぱ〜い感じで可愛らしい曲だぁ。
冒頭のちゃかちゃんしてるギターサウンドが良い。
雨上がりのようで美しい。
そして(全曲そうですが)美声。
因みにこの曲、セカンドアルバムにライヴバージョンが収録されてます。
そいつがまた非常に良いのです、良い曲だな〜。
なんか・・・ラズベリー。
短いギターソロのぴろぴろサウンドも虹みたいだ!!
「おぅ、いぇぇ〜い」とか「おおお〜お〜ぅ、いぇえぇえ〜」とか、ハイトーンで優しい声が爽やかですね。
凄ぇ好きですこれ!!


5曲目のOUGHTA BE A LAW
喋ってますね〜。
僕はこの手の高い声が好きで、喋ってんのとか聞くの大好きなんで、嬉しいです。
何気に、この変幻自在なビューティフルヴォイスを1番堪能出来る曲かもしれません。
サビの「〜LIKE YOU」んとこの、粘っこい感じに伸ばすのが良いです。
兎に角、この手の声は、歌詞じゃなくて「いぇいいぇ〜い」とか
そういうのもいっぱい聴きたいですね。
いっぱい聴けて嬉しいね。


ノリノリにノる6曲目、LOVER’S LANE
良い意味で古臭くて、そういうのが僕は大好きだ!!
ギターソロはぴろりらりりぴろりらりりときらめいてますし、グッジョブ。
これ聴いてうきうきしない筈が無かろう!!


「う〜うぅう〜」の澄んだ声はどうしたものかね!!
妖精でも居そうな湖のほとりを連想させる不思議な前奏。
7曲目、HOME IS WHERE THE HEART IS
このバンド、ギターソロ面白い。
それにしてもなんだか、(ちょっと古い日本の)アニメの主題歌みたいな曲だ。
ナディア?違うな・・・。
でも澄んだブルーが似合う曲。


歌い出し一発「うおぉぉぉぉぉぉぉ、いぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ〜」が眩しい。
10曲目のOVERNIGHT SENSATION
こういう曲を作るバンドには、居なくなって欲しくないものだ。


この前奏から良い曲以外の何が始まるってんだろうな。
11曲目のLOVE OF A LIFETIME
万人ウケしそうなデカさと広さが在る、気がしますがどうでしょう。
これぞラヴバラード!!っていうメロディしてませんかね。
冬の遊園地での恋人達のスローモーションな想い出、みたいな。


ラストはノリの良い曲で!!12曲目、HELPLESS
やっぱラストはすっきりだぜ!!


外人さんって(皆が皆ではないですけど)声、高いですよね。
小耳に挿んだ話、外人さんには、日本人には聞こえない音域?の音も聞こえてるんだとかなんとか。


ハイトーンシャウト(優しめ)大量な、セルフタイトルアルバム、ファイアーハウス
微笑んでしまうような愛すべきアルバムです。
やんちゃでピュア。
歌い出したくなるような気持ちをくれる、良い作品でありますね。


のページへ                                                                                    トップページへ