LOSTPROPHETS。。。THE FAKE SOUND OF PROGRESS

相当かっこいいバンドが居るんだ
と、姉が言ったのはもう何年前だろうか。
楽器のサウンドも、ヴォーカルの声も、勿論、曲自体も
全てがかっこいい!!
ついでにロストプロフェッツってバンド名もかっこいい!!
姉がそんなにも褒めまくるのは珍しく、それにも驚かされた訳です。


どんなんだ、と早速CDを借りて聴いてみたところ
成程、納得。
ファーストからサード迄、どれもすんげぇ〜かっこいいアルバムじゃないか!!
捨て曲が無いってのぁこういう事か!!


何が良いって、バラードが無いところですかね。
終始、騒がしい!!最高だ!!


そんな素敵バンド、ロストプロフェッツのアルバムから、今回は
洗練される前の荒々しさが滅茶クール!!なファースト
ザ・フェイク・サウンド・オブ・プログレス
ぃよっしゃ〜!!やる気出るぜ〜!!


へへへ、最初タイトル見た時は笑っちまいましたよ。
しかし何だこの素敵ギターサウンドは!!ぞくぞくする・・・!!
1曲目、SHINOBI VS. DRAGON NINJA
どぅーんどぅどぅどぅんどぅんどぅんどぅどぅん
このサウンドからライヴが始まったら・・・痺れるだろうなぁぁぁぁ!!
うっとり。
で、滑り込むように歌い出すイアン・ワトキンス(以下イアン)の声が
人を喰ったような声で、良いんだな。
そして、さっと終わる。
因みに、カラオケで歌い易くて好きです、僕的に。


続く2曲目、THE FAKE SOUND OF PROGRESS、タイトルトラックですね。
抑えて抑えて、どぅおぉぉ〜んって・・・かっけぇ。
サビに向けて刻むギターが、あぁぁぁぁぁうぉぁぁぁぁぁぃかっこいいぃぃぃ!!
良い叫び具合だ・・・。
このアルバム全体に言える事ですが
研ぎ澄まされていないからこその、漂うダークさがかっちょいいのです。
それにしてもライヴ映えしそうな曲だなぁ!!


3曲目のFIVE IS A FOUR LETTER WORD
サビで、絶えずスクリーミン(後ろで叫んでる、激しく!!)、好きだこういうの。
何処か、近未来の地下鉄的なクリーンさも在る気がします。
涼しい風が吹き抜けるような青さが良いですね〜。
このバンドの、声の重ね方の上手さ!!
甘くな〜い、かっこい〜ぃ。
終わる瞬間迄、精一杯のスクリーミン、イェ〜イ。


ダークだけど瑞々しい魅力に溢れている、若さって奴でしょうか。


さて、5曲目、KOBRAKAI
始まった瞬間から只事じゃぁねぇや。
だってどぅるっどぅるしてますもん、楽器達が。
そして叫ぶね、よっしゃぁぁぁぁ。
ストリートに漂ってる危機的緊張感みたいなのを感じます。
サビに向けてのドラムもどすどすしてて、しかし
重そうなのに重くない。
イアンの声が重さを軽減してくれてるんでしょうか。
良い意味で、彼の声は深くない、と思います。
其処が好きです、人を舐めてるっぽくて。


な、何だと・・・?!
これをかっちょいいとせず何とする?!
6曲目、THE HANDSOME LIFE OF SWING、もうなんか・・・阿呆ですね。
叫びながら始まっちゃって!!
次の瞬間にはまた叫んでますね、はっはっは!!
こうでなくっちゃ!!
流れるような部分からラストにかけても、異様な空気感でグッドです。


うぅぅぅぅ、盛り上がるぅぅぅぅぅ、間違いなく盛り上がるぅぅぅぅ。
7曲目のA THOUSAND APOLOGIES
元気ですね、このバンド。
激しくて、しかも人をノリノリに乗っけるのが上手い。
確実に拳を振り上げちゃいます。
楽器を止めたりするタイミングも巧みで、あぁ、良いなぁ。
五月蠅さが心地良い〜、色んな音で耳は忙しいだろうけど、好きだ〜。


ファーストアルバムなだけあって
どの曲のアレンジも可愛らしくて面白い凝り方な気がする。
後々はもっと完結にかっこいいっすからね〜。
やっぱ若さですか、勢いというか
これから磨かれていくんだな〜っていう将来性で満ちていて、眩しい限りです。
眩しい、ブライトさんです。
皆、スタンバりましょう。


9曲目、FOR SURE
ロストプロフェッツの素晴らしき魅力
そう、このバンドも、バラードじゃないのに感動させる曲を作れるのです。
思ってるのが僕だけだったらすいませんなんですが・・・。
僕だけだとぉぉぉぉ?!
そんな馬鹿な!!皆さん感動しますよね?!しないかなぁ〜??
しくしく泣かせるのだけが感動じゃぁねぇのです。
胸が熱くなって、何か正体不明の物が込み上げてくる
兎に角、家を飛び出して叫びたくなる
それも感動なのであります。
各アルバムに必ず収録されてるんです、そういう曲が。
本作ではこの曲なのです、僕的に。
スクリーミンも在り、でもってスピードも在り、でも切ないのは何故だ。
少年が一人で雨の中を走っている気がする。
その子は行き先を知っていて、迷いは無いように思います。
行かざるを得ない、といった感じ。
そんな映像が浮かんだり、イエス、イッツ、妄想。


早く最新4枚目が聴きたいな〜。
ちらほら何曲か耳にしましたが、早くそれを手に入れたいです。
まだ持ってないなんて、可哀そっ俺。
こんだけ好きっつってんだから、降って来ないかな〜空から。


4枚目はどうやら、サードのきらきらポップ色よりダークさが濃くなった、らしいじゃないですか。
どっちに転んでもこのバンドは多分かっこいいんだよ。
と思わずに居られませんが
一度ほぼ完成していたのをバーンして、作り直したそうじゃないですか。
このこだわりっぷり、期待。
早くゲットしなければぁぁぁぁぁ!!


ラスト、11曲目、ODE TO SUMMER
前奏からして良い。
イアンの声は、長く伸ばすとまた良いんだこれが、なかなか色っぽいですぜ。
変態な発言は置いといて
年月を奏でるようなメロディ(どんなメロディだこりゃ)です。
遠くを見つめてるような気もしますが
目の前に金網が張り巡らされていそうでもあります。


僕は基本、俺様的な人は好きですよ。
当然イアンも好きですよ。
つまり、かっこいい人が「俺ってかっこいい」って言うのは当たり前って事です。
あんぐらいかっこよけりゃ、俺様ちゃんでも許せるぜって訳です。
顔が、ってより、歌う時の動きが良いですね。
かっこいい動きとは何ぞやってのを、心得てます、クールです。


捨て曲の無いバンド、最高っす!!


のページへ                                                                                トップページへ