OFFSPRING。。。SMASH

オフスプリングっつったらこれでしょう!!
毎度テンション高めで相変わらずなアルバムを作ってくれる素敵バンド、オフスプリング。
本作は特に荒々しく、勢いが良くて、なんか若々しい。
スマッシュ、ってタイトルがぴったりな作品であります。
いやもう兎に角、元気!!


ジェントルメンヴォイスに多少びびったなら、疾走アドベンチャーの始まりです。


2曲目(実質1曲目)、NITRO
小刻みドラミン(ドラミちゃんの愛称ではありません)が、わくわくさせるぜこの野郎。
始まった瞬間から、あ、これハマったな、と思った。
思ったんだよ嘘じゃないんだよ。
良い意味で、ちょっと投げやりっぽい歌い方(失礼な言い方だけど、褒めてるんです)!!
なんか若い。


滅茶お気に入りな3曲目、BAD HABIT
べべんべぇぇぇぇぇ〜ん、と響く低いベースに、ぎゅぅぅいぃぃんと絡んでくるギター。
王道なかっこよさ。
来るぞ来るぞ。
ズギュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン、一気に走り出すこのかっこよさ。
「〜IN MY LANE」とか「〜MAKES ME INSANE」とか
文末をぐいぃっと引き上げる歌い方が
か、かっけぇぇぇぇ。
堪らん。
「いぇいいぇへ〜へぁ」って・・・なんすか、「YEAH」じゃないのさ「いぇへぁ」なのさ。
後ろのギターも良い感じにぎゅるぎゅるしてますね。
楽器が止むとこも渋いんだぜ〜。
うばしゃぁぁぁぁぁぁぁ、こぉぉいつぁぁ良いぜぇぇぇぇ〜。


うぉっこれも相当のお気に入りソングだ。
ワン・トゥー・スリー・フォー。
5曲目のGENOCIDE、脳が活性化しますね。
覚え易いし、覚えたくなくても覚えちゃうし、口ずさんじゃうし。
最初のサビ迄の間が、良い。
サビに入る手前の「ワン・トゥー・スリー・フォー」はも〜持ってかれますよ、色々と。
これ聴いて暫くは、ジェノサイドって言葉が頭を離れませんよ。


オフスプリングは、持ってるどのアルバムにも和訳が無かった・・・無念。
その所為もあってか
良い意味で深みを感じられないこのバンドのサウンドが、本当に大好きです。
複雑、難解、そんな単語からはかけ離れたサウンド。
ケロッグコーンフレークみたいな存在ですね。
軽くて美味しい、グッジョブ。


7曲目、COME OUT AND PLAY
遊んでるぜ、楽しい曲だ。
このバンドはこういう遊んだ曲を絶妙に繰り出してくる、油断出来ねぇ。


オフスプリングな早足テンポ、良い気分だ〜。
9曲目、IT’LL BE A LONG TIME
始まるや否や歌い出す。
べんべんべんべんべんべろんべん。
途中で若干ゆっくりになるのかなぁと思いきやすぐ盛り返す。
ラスト付近のローな「お〜ぉやいやいやい」もかっこいいのです。


続いて、トリッキーな10曲目、KILLBOY POWERHEAD
な、なんだか凄そうなタイトルだな。
「HE’S A PISTOL GRIP」って歌いだしが飛びきりクール。
短いけど無駄が無くて、すっきりかっこよさを堪能出来るのです。
2度目の「HE’S A PISTOL GRIP」もクール!!
あぁ、そうか。
このフレーズ自体がクール。


12曲目のSO ALONE
アローンとかって言うから、勝手にスローテンポな曲かと思えば・・・
嬉しい裏切り。
合間合間の叫び(なのか何なのか)は、中二男子の如き微笑ましさ。


流石のインパクト。
ラストでタイトルトラック、SMASH
この速さでメロディに色気を出すとは・・・テクニシャン。
例えば「〜FIT IN BEFORE」の「BEFORE」
「びっふぉぉぉ」みたいな。
分かりますかこのしょっぱい説明で、分かりますか。
其処がセクシーポイントだと言うのに!!


おや?一番最後に流れるこのメロディは・・・


あらら、もっと最後があった。
インドテイストな雰囲気で・・・おしまい。


すかっとするアルバムだなぁ、ベスト・オブ・すかっ。
他のどのバンドにも無い、明らかさ?う〜ん、分かり易さ?みたいな物がね、良いんだよ。
毎度お馴染みなサウンドで良いんだよ。
ファンはそれを待ってんだから。


それにこの説得力。
聴き易さ。
有無を言わさぬかっこよさ。
僕はな〜んも文句無いんだぜ!!


のページへ                                                      トップページへ