DEFTONES。。。WHITE PONY


ジャケットのお馬さんが可愛いアルバムであります。
ホワイト・ポニーなんてキュートなタイトルからは、こんな激しい内容、想像出来やしませんよ。
それとも、外国では何かの隠語だったりするんですかね。


不穏な空気を纏って始まるFEITICEIRA
アルバム自体の幕開けでもある訳ですが、う〜、オラ、わくわくすっぞ!!
凄く良い感じにダークな物が始まるんだ、っていう
わくわくな予感がする曲なのです。
デフトーンズは本作が初聴きなんですが、この時点で既に好印象でした。
良い買い物したよ、僕、うんうん。
決してがつがつしないけど、1曲目としては良いチョイスなのではないでしょうか。


セクシーな声が耳に残るような2曲目、DIGITAL BATH
うわぁぁぁぁぁぁん、かっこいいぃぃぃぃぃよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。
好きだよぉぉぉぉぉこの曲〜。
デジタルっぽい音が綺麗に挿入されてます。
「I FEEL LIKE MORE」でのシリアスな盛り上がりはぁぁぁ最高だぁぁぁぁぁ。
高い声がなかなか可愛いんですね。
吐く息と共にうっとり歌いあげてて、この曲は非常に色気がある。
内容は分からないんですが、悲しいような切ないようなメロディですね〜。


一転、えらいかっこいい叫びから3曲目に突入。
ELITE、激しめな曲。
終始じゃわじゃわした、デス声ではないっぽいけど激しい声で歌われております。
喉に悪そうだ。
しかしなんてクールなんだろう。


4曲目のRX QUEEN
あれ?懐かしいサビ。初めて聴くんじゃないみたいだ。
なんとなく聴き覚えのあるような・・・完璧に気の所為なんですけどね。
しなやかな流れで、ダークさの中にも光が在りますね。
暗くなり過ぎない!!
イエス、これ大事。


聴いてると、少しずつおかしくなってっちゃいそうな6曲目、TEENAGER
水槽の中を漂うような、浮遊感たっぷりって曲。


癖になるフレーズがお気に入りな7曲目、ごっげっちょな〜いごっげっちょな〜い。
KNIFE PRTY
サビの「GO GET YOUR KNIFE」が癖になります。
聴き終えてから、口ずさんでしまう率は高いでありますよ。
あぁ、そしてこの息と共に吐いて置くような歌い方。
どろっとした歌い繋ぎ。
かっけぇでしょうがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
中盤、歴史的建造物(世界遺産とか)の中に渦巻くあれこれ
みたいな叫び声の嵐。
かっこ良過ぎで言う事無いです。


唾が飛んできそうな熱と
うっふ〜んとろとろに溶けちゃってるセクシーさ。
両方兼ね備えた8曲目、KOREA
うべべべべべべべべかかかかかかっこいいぃぃぃぃぃぃ。
サビ迄はも〜色気全開で!!
放送禁止ですねって感じなのに・・・
サビになると途端にパッションが(そういやパッションなんとかって芸人さん居ましたね)。
「NIGHT TIME CAVITY TO COME IN」の「COME IN」
「PONY WORK YOUR PITCH」の「PITCH」
エクセレントエクセレントォォォォ。
ラストのサビの直前のスクリーミン一発も強烈で御座います。
こんくらい叫んでみたいものだ。


はぁ・・・なんて良いバンドなんだぃ、デフトーンズよ。


畜生ぉぉぉぉぉまだクールな曲が続くだとぉぉぉぉぉぉ。
9曲目、メロディアス且つクール。
PASSENGER
英語ってかっこいいな、って思わざるを得ない曲。
「ROLL THE WINDOWS DOWN」からのサビはなんていうか・・・
世界の終末的な美しさを帯びている、気がする。
サビ中の「CURIOUS」の響きがなんとも素敵だ。タールの中に輝くトパーズみたいだ(なんだこの表現)。
「I’M YOUR PASSENGER」ん時のメロディもグッド。
どんぶらこどんぶらこ、ってなテンポがまた心地良いんですぁ。


ラストはPINK MAGGIT、途中迄、落ち着かない曲(良い意味で)。
前半は静かで、なんつーか
超スローモーションで音の無い出産シーンか若しくは
超早送りで蕾が花開く様、又は
空の色の変化か
何かそういう神秘的な気味の悪さが在る。
後半は壮大な自然の中を駆け巡るような深さが在る、気がする。
最後に聴こえるのは鼓動か?う〜ん、でかい曲。


これ一枚を聴き終えると、ふ〜満足満足って気分になる。
結構こってり濃いめの味。
でもまたすぐに聴きたくなる。
良いアルバムだ。


何よりあの色気たっぷりの声がだねぇ、良いんだ。


のページへ                                                                                                  トップページへ