NINE INCH NAILS。。。THE DOWNWARD SPIRAL

突発性狂気みたいな始まり方だ。
1曲目のMR SELF DESTRUCTの巧みな静と爆の使い方、あぁこれを聴いただけで既に
このアルバムにハマってしまっていた・・・!!


トレント・レズナー(以下トレント)の狂気が開花した、とかいう説明が本にあって
へぇぇ、そりゃ一体どんだけ開花しちゃってるんかな
と、ゲットしてみた訳ですが
こ、これは・・・
開花してますね〜満開ですね〜いや〜、うん、かっこいいね!!うん!!
かなり脳味噌シェイクされます。


もう〜わくわくでうきうきしてたら2曲目のPIGGYでどしゃぁぁぁぁぁぁぁぁですよ。
テンション低いなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁうおぉぉぉぉぉいぃぃ。
じわじわじわじわ内に秘めた狂気が滲んで来る感覚・・・1曲目との落差の激しさ・・・
トレントイリュージョォォォォォォォン。


仲良し秘蔵っ子のマリリン・マンソンにフレンドリーな匂いがあるのと比べて
ナイン・インチ・ネイルズは一人で狂ってゆく感じ
と、勝手に思ってみたり(そんで其処が良いんだ〜と思ってみたり)。


それにしても
ロマン・ポランスキー監督夫人(シャロン・テート)惨殺事件(あのチャールズ・マンソン事件)の
正にその現場である家を買っちゃうなんて、スタジオにしちゃうなんて
幽霊類は出ないんですかねっ?!


さて、3曲目のHERESY
前奏からサビ迄の流れがちょっと、グニュウツールっぽい。
でもサビでドカンするからやっぱし違う。
インダストリアルがどうのこうのとか、ジャンル論なんてどうでも良いや、あぁ、かっこいい。
裏声の浮遊感とサビのがっつり感がまた良い対比で
トレントイリュージョォォォォォォォォォォン。


うぅぅわぁぁぁぁぁぁ。
あの3曲目からこの4曲目って・・・デンジャラスクール!!かっこ良過ぎて犯罪だろがぁぁぁぁぁぁ!!
MARCH OF THE PIGS、もう駄目だ、駄目だ。
かっこいい曲過ぎてなんか力が抜けるよ、エナジー摂られるよ。
「STEP RIGHT UP〜」の第一声でもう・・・ララバイ。
で、「ALL THE PIGS ARE〜」で狂気を口に含んで上目づかいな感じで
そして来る。
このザ・ダウンワード・スパイラルというアルバム中、最もクールな瞬間が。
「NOW DOESN’T THAT MAKE YOU FEEL BETTER?」
チーン。
死ぬ。
死ななくても確実に、ちびる。
なんて美しい瞬間なんでしょう・・・!!
僕はこのサイトの名前を
マーチ・オブ・ザ・アリゲーターズにしようかと考えていたくらい、この曲が好きなのです。


5曲目のCLOSER
使ってる音がビョークっぽい、気がする。
何が凄いって、ラスト(6曲目と繋がってる辺り)のメロディの美しさ。


続けて6曲目に突入。
RUINER。ぐぁぁぁぁぁぁ、かっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇなぁぁぁぁぁぁぁ。
かっこ良過ぎて途方に暮れるよ・・・。
音の向こうでぺぺぺぺぺぺぺっと歌ってるのとか
ちょいと壮大臭い展開とか
耳元で囁いてるような洗脳的な感じとか
ぷつっと終わる潔さとか
ははっは〜、かっこいいに決まってます。


当たり前のように人間が嫌いだ、と発言していたトレントですが
MEWのヨーナス曰く、フレンドリーで親切な人だったとか。
それが
元々人当たりは良いけど本人は人間嫌いってタイプなのか
時を経て成長、若しくは考え方が変わったのか
人付き合いが苦手で、人間自体は嫌いじゃぁないって事だったのか
もっと複雑なのか、分かりませんが
トレントって可愛いなぁ。
愛しむべき人、と言いますか・・・う〜ん・・・アクセル・ローズもそうなんですが
僕にとっては可愛くてしょうがない感じです。


「ふ〜ぅ〜」がキュートな8曲目、I DO NOT WANT THIS
不安になるような、でも綺麗なメロディが入ってます。
このアルバムは機械的でありながらピアノサウンド的感動がちらほら・・・
この曲も。


9曲目、BIG MAN WITH A GUN
ザ・混沌。ザ・狂気。
ザ・セクシー。
「SHOOT SHOOT SHOOT〜」が良い味出してんな〜。
すぐ終わっちゃう短さですが、その分ぐるぐるにクレイジー。
音がどんどん迫って来るし
すんげぇぇぇぇ迫力。
かっけぇ。


12曲目のERASER
わ〜、頭おかしくなる〜。


此処でタイトルトラック登場、14曲目、THE DOWNWARD SPIRAL
遠くで叫び声が聞こえる(こもってるけど)〜。
手前ではクレイジーな言葉が紡がれてくよ〜。
これこれ、早まっちゃいか〜ん。
にしても渋いな〜。
でもこれをカラオケで選曲するのは間違いだと、僕は思うよ。


という訳で
狂気的でありつつもビューティフルなアルバム、ザ・ダウンワード・スパイラルでした。
これを聴くと
なんか自分も何かしら開花するんじゃないか、と、いつも期待するんですが
何も開花しません、しくしく。


聴き終えると、案外、すっきりします。
イェ〜イ。


のページへ                                                                                 トップページへ