もののけ姫

2015年に、何故?
と思うなかれ。
良い物はいつだって良いんですから。


僕はディズニーよりジブリな青春を過ごして参りまして
ディズニーの素晴らしさに気付いたのは、随分と後だったのですね。
あ、でも「ノートルダムの鐘」はずっと好きでした。


とはいえ、やっぱりジブリが好き好き大好きなのですよ。
一番はと問われれば、むむう、と悩みながら
「風の谷のナウシカ」と答えてしまいますね〜。
その愛してやまないナウシカと最後まで競っているのが
これです。
もののけ姫です。
プリンセスモノノケです。
映画館で同じの2回以上観たのは
ドラゴンボールとジョジョともののけ姫くらいです。


僕の家にはビデオがあります。
DVDじゃなくてビデオテープです。
画面は小さくカットされちゃってしかも映像はビデオクオリティー
でもでもそれが良いんです!!
ビデオのこの感じ、凄い好きだ。
「リング」とか観る時は、絶対、この荒さの方が良い・・・!!


さてさて、作品自体にまだ全く触れていないじゃないですか。
わざわざ内容の説明など不要でしょう。
好きなだけ好きにお喋りする場所ですしね、此処。


学生の頃は
ジブリ男性陣で誰が好きって話になると大体
ハク(千と千尋の神隠し)が一番人気でしたね〜。
綺麗で謎っぽいところに皆惹かれるのでしょうか。
あと、「耳をすませば」のせいじ君。
あれは、乙女の夢ってやつかもしれませんね。
あとハウル(ハウルの動く城)。
美形ですからね。
たった一人の女の子だけ、アシタカがかっこいいと言っていた
ああ、君よ!!
僕もそう思う、アシタカがかっこいいと思う!!


アシタカは、散髪後、急激にかっこよさが増しますね。
カヤの想いの籠った小刀?をあっさりサンにあげちゃうところも
なんか男らしいじゃないか。
カヤも故郷を出て、素敵な旦那を見付けたまえよ。


尻がプリティーなヤックル
健気だこと。
負傷したのにアシタカにひょこひょこついて来るその可憐さよ。


おっことぬし様。
この方の台詞は今でもよく使わせて頂いております。
この方にまつわる台詞も使用頻度高いです。
最後の一頭になるまで真正面から突進する猪の生き様には胸が熱くなります。


モロは有名且つ重要な台詞を言う大事な役どころなわんこでしたね。
首だけで動く場面にはぞくりとさせられちゃいました。
とんでもなくマッスルフェイスだったってことか??


別にキャラクター紹介したいわけじゃないんですぜ。
思いついたこと書いてたらこうなってったってだけさ。


さあさ、僕がたった今、猛烈に言いたいのは
もののけ姫といえば!!
エボシ様でしょう!!
滅茶かっこいいっす〜!!
あのデザイン、非の打ちどころがありゃしません。
服装からして僕の好みだ。
羽織っているだけで様になる〜。
髪形も可愛いじゃないか。
真っ赤な口紅も、似合います、とても!!
武器の扱え具合も、ちっちゃいピックみたいなの隠し持ってた辺りも
おまけに声と喋り方も好きだ。
ああ、良い女だぜ〜!!
女性らしくも勇ましい、柔らかくも硬質。
口がでかいところも好きだ。


僕、ナウシカではクシャナ殿下が好きなのですが
やっぱかっこいい女の人は可愛いなあ。


そういえば初めて観た時
冒頭の、タタリ神が壁をぶち壊して登場する場面
すんげえびびった気がする。
映画館最前列のセンターで、油断していたのさ。
その流れから
アシタカの故郷の巫女婆さんの話になりますが
あの方の下半身ってどうなってるのでしょう??
よく友達とも首を傾げあった覚えがあります。
あの方がまごのかみの最後に立ちあうに際して言っていた
もにゃもにゃ謎の文句も気になる。
占いに使う石ころつるつる〜、欲しい〜。


観る度に、コダマの可愛さが増す。
毎度、こいつらってこんな可愛かったか〜?と思う。


じこぼうとアシタカが食ってる米どろっどろにした粥?が
超美味しそうだ・・・!!
すんげえ食べたくなる。
で、現実にお粥作っちゃう。


本作中最大の泣かせどころは
包帯巻き巻きの寝たきりの御仁が
消え入りそうな声でしかしはっきりと言う台詞。
うろ覚えで不確かですが
生きることは辛く苦しいのだと語り
「〜それでも生きたいと思う愚かなわしに免じて」
のようなことをおっしゃられる。
恐ろしいほどの生への渇望、執着、その無様で惨めな美しさに
胸が熱くなります。


タタラ場で逞しく生きる女性たちも魅力的だ。
宮崎駿の世界に生きる人々は活き活きしていて良いなあ。
生身って感じがするというか
肉の厚みを感じるのです。


本作は首や腕がすぱーんと吹っ飛んだりして爽快だ。
その辺りを遠慮してしまうと、ぺらぺらになってしまいそうだけど
結構ぶさぶさ人が死んだりして
そういうのを伏せない姿勢が好ましい。


この映画がどうしてこんな好きなのかと考えてみましたら
口調とかが好みなんですよね〜。
喋り方が好きなんです、全体的に。
こういう口調での会話って良いなあ、と心安らいじゃう。


エンディングに浸っていたい。
エンディングって、本気でラストのスタッフロールんとこです。
曲が良過ぎて永遠に鳴っていて欲しいくらいです。
久石譲に感服致して平伏しております。
もののけ姫に限らず
彼の産んだ曲の数々に泣かされっぱなしでい。
泣いてないけどな。
皆だって良いと思ってるから矢鱈とオルゴール調にしたりハワイアン調にしたり
あれこれしちゃうんだろう?
もののけ姫のエンディングの曲は本当かっこいいっす!!


昔よく、しょうじょう達の真似して木の枝を投げた。


シリアスな場面なのに
あのどろどろに触れると死ぬぞ〜って
あのどろどろ・・・
それ以外に言いようもないからなあ、でも、あのどろどろって
脱力、はふーう。
そんなアシタカが好きだぜ俺は。


生きろ。
キャッチコピーもクールでした。
本編中の「生きろ、そなたは美しい」は
男前な台詞ですね〜。
共に、生きよう!!


のページへ                                                                                 トップページへ