LOVE SONG〜半分天使〜

はい、先ずはこちら↓↓↓
閲覧注意


上の前置きを読んでない方も居るでしょうから再度言おうっと。
を解する者以外は
これより先へ足を踏み入れては危険です。
っつーか腐を解していても読まない方が身の為ですよ。

さて
では遠慮なく。


まとめてドラマCDを入手して嬉し過ぎてるんたかるんたかでした。
どんな順番で聴っこうっかな〜っと。
ソフトからハードへ、の流れが定石でしょう。
ってなわけで
一番最初に聴いた最もソフトな作品がこれでした
(直後に「帝都紳士倶楽部」を手に入れましたので
手元にある中で最ソフトCDはそっちとなりました)。


だからざっくりとした流れで説明すると
本作→「アナリストの憂鬱」シリーズ→「いじわるなパール」シリーズ→「有罪」シリーズ
こんな感じで聴いていったわけですよ。
我ながらあっぱれな順番です。


本作がどんくらいソフトかっていうと
わちゃーな場面がたったの一回、しかも短く、絶頂へ達する前にフェードアウト。
わちゃーな場面だけで構成されていて良いんだぜって思ってるような僕なのに
でもでも本作はそんな場面云々なんかどうだって良いほど
か、か、可愛いのです、主役のお二人さんが。
顔が綻ばざるを得ない。


檜山修之×緑川光
えーと、飛影(幽幽白書)の人×パイクーハン(ドラゴンボール)の人
ということですね。
1995年の作品です。


何を言ってんだいこの子達は、と微笑んでしまうやり取りが
わちゃーな場面など不要なほど
全てを補って余りある、可愛い素晴らしい作品。


内容は面倒なので割愛。


トラック1
調理実習中でがやがや。
同じ班の遠藤智夏(緑川さん)と佐谷満(檜山さん)は仲良し。
葱をばっつんばっつん切ってる緑川さんがもう可愛いぜくっそー。
ちなつって名前が既に可愛いんだよお前はあああ。
檜山さんの喋り方がなんとも楽しい。
会話内容がまた可愛いなあ。
白衣着てんのかよ〜良いね〜。
以下「」内は全て緑川さんの声。
よおおし、舐めちゃえ」って、何だよそれ〜反則技だなあ!!
鳩が豆鉄砲食らったみたいな顔してる」って
そんなん口走りづらいだろうがよ〜!!
咄嗟に出るか??そんな台詞・・・可愛いぜ。
脚本ありがとーう!!
キスなんかじゃないじゃん、こんなの」ってこの呟きがもう
壁に頭を打ちつけたくなっちゃうね、ばっきゃろおおおお。
な〜あ、別れちゃえよ、彼女と」って・・・・・・
うん!!別れるううううううう!!二つ返事で別れちゃうよおおおおお!!
「な〜あ」で既に心臓ぶち抜かれちゃって、げぶううううううう吐血。
こんなん、ふざけろよてめ〜、ですよ。


トラック2
佐谷と桜川祝増谷康紀さん、え〜と、.hackの砂嵐三十郎ですね)の会話。
男友達から告白されたと相談中。
増谷さんの「嫌味だ、気にしろ」が好きだ。
主役二人の名字を融合させると「さやえんどう」になる、と。


トラック3
べらぼうに可愛い、可愛いなあ。
雨、やまないねえ」の緑川さんの一言で
俺はくず折れてしまうのでした、どんがらがっしゃーん。
この無防備で何気なく言い放たれる一言、はわ〜。
普通に喋っててもこの方は
ちょっと甘えたような響きがあって可愛いのですよね。
檜山さんに呼ばれて「ん〜?」と返事をするその可愛さは何なんだよ・・・。
可愛過ぎだろがよおおおおお。
無意味に名前呼びたくなるだろうがよおおおおおお。
いちいち可愛いから俺は忙しいいいいい。
それにしても檜山さんの演じるこのキャラクター、良い奴だ。
ん??
ブルーばかりの部屋って
俺の頭の中ではとんでもない部屋になってまってるぜ。
ふむふむふむ??
緑川さんが檜山さんを抱くって??ははは、微塵も考えやしなかった。
けどこのキャラクター二人
緑川さんのが背え高いんですよね。
そこがまた何ともいえず、美人さんなのでしょうね、ふふう〜。
俺をどうか嫌いにならないでくれ」とか
だから!!なるわきゃねえええだろ!!
嫌いになれって言われても!!なれるかよ!!お馬鹿さん!!
二人の楽しげな会話がなんとも可愛い。
さあ、本作唯一のわちゃーな場面です。
初めてって感じの初々しさが可愛いなあ〜緑川さんったら。
恥ずかしそうで消え入りそうで懸命で・・・!!
気遣いながらの檜山さんの優しげな感じが良いねえ。
呼びかけたり問いかけたり、愛を感じるなあ。
そんでちょっと悪戯っぽくて。
涙目の緑川さん、ふ、は、は、良いなあ。
声が震えて呼吸が震えて、初々しい。
寝台が軋んでいるようですが
ちっちゃな木馬がきっこときっこと揺れてるみたいで楽しい。


トラック4
祝さんもゲイでした。
しかしこの人の台詞はかっこいい。
ずっと前から、ずっと俺のもの」って静かに愛しげに言うのがかっこいい。
素敵な大人ってこういう人を言うんですね。


トラック5
何?普通の台詞がこんなに可愛いなんてどうなってんだ??
一言一言が珠玉の輝き。
体育館で佐谷が智夏を「ちい」と呼んでるのが可愛いぬうううう。
震える声で緑川さんが
だって、満・・・」「好きだよ、満、お前だけだよ・・・
と言う声の可愛さがでへらへら〜。
なんか、苛めたいよな、へっへ〜。
出た出た、他校の部長さん目伸一神奈延年さん)。
ぼそりと発言する神奈さん、彼は〜曹丕さま(真・三國無双)ですね。
改名前ということで、名字がになっております。


トラック6
友人の岡崎成充くんが重要なお話を。
智夏と目がヤってたって噂が・・・。
凄い痩せて泣きはらした顔の緑川さん、美味しい状態のようです。
必死に檜山さんを拒むのが、も〜も〜も〜可愛いぞ〜。
こっちに来るな!俺に触るな!」「触るなったら!」「終わり!
って声を荒げる緑川さん、うおおおお〜ん可愛い!!
俺は元々、あいつ、目と、できてて・・・」と
言いたくもない出鱈目を懸命に吐きだす感じが可愛過ぎます。
五月蠅い!終わったんだってば!」のだってば口調が
良いねえ。
ああ、この子、もう泣いちゃいそうだもの。
緑川さんってこういう喋り方が似合うんだよな〜。
馬鹿馬鹿馬鹿、とか
○○の馬鹿!とか
大っ嫌い!とか
そういうの言ってる時、ほ〜んとに可愛いんですよね〜うぐううう!!
無理矢理よしよし頭撫で撫でしたげたくなりますねえ。
しっかし学校という危険な場所で
目に犯されちまう智夏
そこも聴きたかったなあ・・・。
聴きたかった・・・なあ・・・。


トラック7
智夏に一方的にフラれた形で、頭がいかれ始めてる佐谷。
打ちのめされてめろめろ・・・ってどういう状態なんだよそれ。
岡崎は良い友達だな。
こういう奴はなんだかんだで最後迄色々面倒見てくれるんだよな。
毎晩、智夏のを見ちゃう佐谷。
智夏の長い黒髪が揺れているその映像って、色っぽいなあ!!
緑川さんの声って、さらさら黒髪美人役が似合うんですよね。
祝さんが佐谷を導いてくれます。
流石大人。
佐谷が言う「智夏を支配して」の台詞に、にんまり。
それにしても
本来受け入れるべきでないところをどうにかするんだ
って聞くと、ほむ、改めてやっぱ、受け側は大変だなあ、と。
実際、摩訶不思議。
でも現実だもんなあ。
凄いなあ。
初めて抱き締めた時、縋るようだった」って
縋るような緑川さん、てへへ〜、可愛いなあ!!


トラック8
夜、目宅へ訪問する佐谷。
目との会話が、美味しい内容目白押し。
目は良い仕事をした。
神奈さん絶妙だ・・・可愛い!!緩急の感じが僕の好きな感じだ〜!!
良い体だなあ、智夏は
うんうん、そうであろうに!!
いっそ佐谷と目で意気投合しちゃえよも〜。
調教とでもいうか
ときめく台詞ですね〜。
そこを詳しく教えてくれってえのに。
兄弟だからするんだよお
いちいち可愛い喋り方。
そんなこと?でも自分の立場がどんなものか教えてやらないといけないだろ
この「そんなこと?」がかっこいいっす。
心底、そんなこと?って思ってる風で。
智夏は俺のものなんだよ
ってお前も好きなんだねえ。
帰れよ
を敢えて穏やかに言うところが悪っぽくてかっこいいぜ。
警告に二度目はない
これは台詞自体が既にかっこいいですね。
無駄だよ無駄はっはっはっはっは
良い笑いっぷり。
合わせる顔なんかないんだからな
腹違いとはいえ、実の弟に犯されて、他の男にも散々回されて
あいつ汚れた体になっているんだぜ
さらりと素敵なことを、きらきらーん。
そこんとこも音声化してほしかったなあ。
散々回されてるとこ聴きたかったなあ。
聴きたかったなあ。
神奈さんに苛められてる緑川さん聴きたかったなあ。
いやいやしながら犯されてるとこ聴きたかったなあ。
さぞかし可愛かったろうに。
このように想像を掻き立てる為にわざと音声化しなかったのか?
頭の中では随分と酷い仕打ちをしてしまっているんだよ。
想像力の乏しいこの僕でも
多少は想像しちゃうんだぜ!!
よろろっと出て来た緑川さんが、ああ、可愛い。
この子、はあ、座敷牢にでも幽閉しときたいですねえ。
知らない、知らない、もう終わって、終わったんだ」ってよしよし。
最初の小さな
違う、満」の「違う」が可愛過ぎてあうあう〜なのです。
もっと後の「違う、違う」の最初の「違う」は格別に最高だぜ。
檜山さんが優しく長く説得し続けているのが。
急に成長したな、佐谷。
一人で怖かったのに、俺が傍にいてあげられなくて、御免
だけど、満に何かあったら、俺には耐えられない」の「耐えられない」の末尾の「い」が
究極に可愛い。
「い」っつーか「ひ」?
おーよしよし、なでなでー。
後ろで、夜だからの声がするのが良い。


トラック9
後日です。
すっきり爽やかに、屋上で平和を満喫する智夏と佐谷。
僕は極道については「竜が如く」レベルの知識しかないですが
皆さん、ほんと、銃刀法違反ですぞ!!
この最終トラック、二人が延々とラヴラヴしております。
智夏への愛から、腕一本自ら折ってみせるって
佐谷、お前・・・怖っっ。
爺様が理解のある御仁で良かった。
腕を自分で、ノーノー、僕には真似できないや。
幸せそうな二人〜。
で、突然
まあ、しょうがないか、俺、半分天使だしな
お、おい、何を言いだすんだ緑川さん。
どうやらAB型は天使の血筋だそうで。
智夏はA型なので、半分天使なのだそうです。
凄いこじつけだけど」と言いつつ、B型の自分と半分こっつって
檜山さんまで何言っちゃってんだ??
そしてこの作品のタイトルは此処からかよ。
もうどんどんエスカレートしてゆくおかしな台詞達。
こっちが恥ずかしいってんだ!!
幸福そうで何よりだけどさ。
目はどうなったんでしょうね。
神奈さんもっと喋らせたかったな〜。
悪い子の役なのに、なんか今にも天然なこと口走りそうで
神奈さんってば可愛いぞ。
おしまい。


このCDの良いところは
女がこれっぽっちも出ないってとこだ!!
存在はしているみたいなんだがね・・・ふっふっふ。
しゃしゃって女が出てきたらそれだけでがっかりですからね。


僕、可愛いしか言ってないや。
可愛いに替わる表現方法って何かあるかね?
ないなあ。
緑川さん、でもでも、だって可愛いんですもーん。


・前のページへ                                                                        トップページへ