INCUBUS。。。S・C・I・E・N・C・E・

先日の文学フリマにて
なんと!!インキュバスを愛する美人さんが
わざわざ会いに来てくださりました。
こんな何処の馬の骨みたいな奴にわざわざ・・・うおおお〜ん。


そんなびっくりハッピーな気持ちを記念して
今回はインキュバスについてお喋り。


で、このアルバムはですね〜
長いこと欲しい欲しいと思ってたやつなんですよね〜。
いや〜そんで遂に手に入れたのはいつだったかな。
手に入れて良かった・・・!!
なんてファンキーなんだ!!


今や立派な中堅バンド。
このアルバムではまだやんちゃっぽくて可愛い。


1曲目からトリッキーというか
面白いのを持って来たなあ、と。
REDEFINE
歌詞も面白い!!
「白黒の絵を描くのにはもう飽きた」とありますが
白黒の絵しか描かない僕がこれを愛聴するなんて
良いのでしょうか??
良いんです!!


続くVITAMIN
もうトリッキーな曲しかないな、これは恐らく。
だから楽器の音もあんまり重くない、寧ろ軽くステップ踏んでる。
一癖あるどころか、癖しかない、癖で構成されているような音楽。
一曲ずつ書けないな、総合で書いた方が正しいような気がする、うん、きっとそう。
FAITH NO MORE的なブランドン・ボイドの声と自在さが光る。


歌詞を追うのが毎度、大変である。
このバンドに限らずではあるのですが、大変です。
外国語ってすらすら滑らかですから。
そういえば歌詞といえば
ようやっと邦訳の付いているものが手に入って
このバンドの歌詞の(内容の)雰囲気がちょっと分かって
良かったです。
今まで持ってたアルバムのどれにも邦訳がなかったのですよね〜。
輸入版ばっかゲットしちゃってたのか、僕。


NEW SKIN
これはカラオケに入ってますよね〜でも難易度が高過ぎますね・・・!!
音痴が挑戦するにはちょっと・・・
1500階建てのビルの壁を道具無しの素手で素人が這い上るに相当します。
メンバーにDJが居る、ということや
ファンクをやろうという方向性
そして何よりセンスが良いのが特徴。
かっこいい匠。
とっても巧み。


何一つとして各曲のことに触れてませんね〜。
だから無理だと言ったんですよ。


あ!!
これですこれです!!
僕がこのアルバムを手に入れたかった理由の内の一つは
この曲です!!
滅茶かっこいい〜過ぎて、この感じ。
IDIOT BOX
もうタイトルの響きが良いじゃないですか。
アメリカの乾燥地帯の、砂っぽい風の吹く場所で歌ってそう。
ブランドンの声の、乾いた伸び方が良いのですよ。
そして急激な転調のハイセンスっぷり。
急な激しい転調の上手さはインキュバスの必殺技だと
僕は勝手に思っております。
あとサビの英語の選びが楽しいです、音的に。
これも毎度のことですけど
メロディーに対する言葉の乗せ方がかっこいいのです。
そして単純に歌詞自体、僕は好きだ!!


5曲目、GLASS
良いなあ。
色んな音が鳴ってるのに、どうしてこうも整頓されているんでしょう。
色々あるのにすっきりしてるなんて!!


7曲目、おお、これは!!
僕がこのアルバムを絶対に手に入れなければ、と思った
理由のもう一つです。
かっこいい以外の何者でもないのですもの〜!!
A CERTAIN SHADE OF GREEN
タイトルからしてかっこ以下省略!!
びょんびょん跳ねたくなるような音だこと。
サビへの入り方が最高にクールです・・・これ以上なんてないな!!
次々と繰り広げられる細かな展開。
器用なバンドだなあ!!
しかし本当かっこいい、どうしちゃったってんだ??
それにしても
こんなに色んな音が入り乱れているのに
なんでこんなにも派手さがないのか??
その何処か褪せた、というより大自然を思わせるような雰囲気が
不思議ですね〜。
ミクスチャーばりばりなのに。
ブランドンの声の為かと思うのですが、どうなのかなあ。


FAVORITE THINGS
こういう曲をさらっとやってのけるってとこが
憎いですね〜!!


9曲目、これを好きだなんて、僕、大人になったなあ!!
SUMMER ROMANCE (ANTI-GRAVITY LOVE SONG)
親が気に入りそうな曲だ・・・!!
初めて聴いた時
あれ、俺、今なに聴いてんだっけ・・・??
ロックなアルバムで、インキュバスで・・・あ、そうだよね、合ってるよね
と、なりかけた曲。


うぐぐ、かっこいいぞおお!!
NEBULA
へんてこっていうか普通じゃない。
突然の暴風からミクロなブラックホールに吸い込まれる塵の渦やら
お喋りな日記帳だとか
世紀末の貧乏ミュージシャンなんて
まとまりのないあれこれが入り乱れて消えては現れ消えてゆく。


あれ、もうラストでした。
スペイシーな空間が展開される冒頭。
徐々に膨れ上がって、内側から引っ繰り返るような。
CALGONE
いつの間にか転調していて、ああ!!やられた!!となり
歌詞を読んでみて、むむ〜またこんな面白いものを〜!!となり
かっこいいなあ、と溜め息です。


このアルバムって、引き締まっていて
無駄なお肉がないんです。
タイトです。
それは若さにも思えます。
それがお洒落でもあります。
コンパクトな体の中にあらゆるものが詰まっていて
超超ファンキーなのでした!!


のページへ                                                                                         トップページへ