HELLOWEEN。。。BETTER THAN RAW


カイ・ハンセンが居なくたってハロウィンはハロウィンだよ。
マイケル・キスクが居なくたって・・・居なくたってええええええええ〜い。
僕は、兎に角ハロウィンが好きなんだ。


確かに過去とは味が違うけど・・・
どの時期の彼等も良いと思うんだけどなぁ!!
ベター・ザン・ロウ非常に良いよ。


本作が僕のハロウィン初体験アルバムだった訳ですが
凄まじく気に入りました。
こういう、わざとらしいくらいドラマティックなのは清々しいですね!!
で、何より気に入ったのは・・・ちょっと古臭い感じ(良い意味で)。
古き良き時代、愛しき時代、それを感じさせる。


ジャーマン・メタルって言うんですか、素敵ですよね、非日常的で!!
ロマンがあるんすよ、ロマンが・・・!!
一曲一曲がそれぞれの世界を持ってるし、でも全体的に見てもまとまってる、同じ舞台の上に居る。
このアルバムも
ぱっぱかぱぱぱぱ〜んって幕を開けて(ファイナルファンタジーを思い出す)、2曲目のPUSHでぎゅるぎゅるぎゅるぎゅるしてますが
なんとなく繋がってるな〜、次の曲が始まる毎に思います。
で、この曲
PUSHは駆けますね〜。
唾飛びそうな「PUSH」の言い方も
下からず〜ぅぅぅうううわぁっっと昇るサビも
機械的な歌い出しも
わざとらしいほど、かっけぇ!!
あぁ、スピーディ・・・!!
メタリックに流れる言葉達(何を歌ってるか全く分からんが)・・・!!
このぎゅるぎゅる!!
たっまんねぇぇぇぇぇんだなぁぁぁ〜!!


歌詞本がパンプキン祭りで可愛らしいですね(いつもの事ですかね)、流石ハロウィン。


へ〜いろ〜へ〜いろ〜
その後どうしても口ずさんでしまう4曲目、HEY LORD!
フロントマンは・・・アンディ?で良いんですよね?そう、アンディ、君のだねぇ、この曲での歌い方
グッジョブ。
離れた所からもたれ掛かるような、覆うような、伸びやかなきらめき。
な〜んか良いんだよな〜。
集団で歌いたい曲(怖い図が浮かぶなぁ)。


銀河戦隊か!!みたいなサウンドから、ずだだだっだっだ。
蓋を開ければかっこいい、7曲目はREVELATION
おぉ、飛ばす飛ばすぅぅぅぅ!!
早口でぺロペロペロっと歌うのだけが速いってんじゃぁねぇんだ!!これさ、これなのさ!!
ギターソロも、派手ではないけどかっけぇですよ(技術云々は知りませんが)。
こういうバンドの間奏は全然退屈しないっすね。
がんっがんに飛ばしたかと思えば、気付けばスローに(しかも何だこの希望的サウンド)。ゲーム(RPG)っぽいな。
楽器隊は大変だよ、凄ぇや!!


続く8曲目はTIME
「AND COOL HIS FEVER」の「FEVER」の語尾の上げっぷり、怪しげだ(其処が良い)。
切なげなメロディで壮大さもチラリズム。
お、チクタクしてますね、タイムなだけあって。
僕が思うに、これは良い曲です。
サビの「PRAY TO THE HIGHER」んとこが好きですね!!


始まった瞬間から好きだな!!
9曲目のI CAN、超絶お気に入りって奴です。
程良く疾走。
かっこいい曲が始まって当然の前奏。
サビに入る前の辺り一帯、メロディアスじゃぁないですか!!
「I CAN,I CAN,I CAN」っても〜サビかっちょえぇぇぇ〜。
使命感みたいな何かが漲ってる〜。
後ろの楽器のどぅびどぅびしてんのもかっけぇ。
かっこよくない部分あるのか?!
癖になる癖になる。
ギターソロの、上空を行く感じもコントラスト効いてプラス効果だ。
その一瞬、世界が青いんだよな・・・。
あ〜
これぞべた褒め。


おや?ハロウィンなのにクリスマスっぽい曲だ。
10曲目はなんとも可愛らしい、LAVDATE DOMINVM、雰囲気は聖夜。
本当はどんな内容を歌ってるんでしょうか、知る日は来るのか来ないのか(来ないだろうな)。
楽器が活き活き、というより楽器の為の曲ってくらい楽器。
「HALLELVJA,HOMINES〜」って怪しい(サビじゃない)とこも好きだなぁ。
あ!!ちょっとラファエル(邦バンド)っぽいのかな、音が。この親しみ易さ!!
途中から雪も降ってきました。
絶対、街ははしゃぐ子供達の笑い声で溢れてまっせ。
かんわいい曲!!


終わって欲しくないなぁこのアルバム。もうラストだ。
MIDNIGHT SUN
ケーキの後のカラムーチョ的役割でもある曲(クリスマスは夢オチですね)。
王道というか、間違いの無いラストソングだ。
このテンションを此処まで保ち続けただけでも凄い。
終始ノッてられるアルバムだった・・・とか考えてたらピタッと終わる。
っつ〜訳でもう一周!!


このバンドの例えば動画を見ようとすると
仮装してハイになってる外人さんの群れとかがヒットしまくる。


ジャケット同様、インパクトのあるアルバムでしたね〜。
これは、ヘッドフォンでがっつんがっつんに聴きたいタイプですよ、僕としては。
楽器がクレイジー!!マジに踊り狂ってるんで!!


決めました。
来世では僕、2歳でギターに興味を持ちます。
6歳になるとピアノをマスター、高校時代はドラムを担当
最終的にはベーシストです。
うわ〜、かっこいっっ!!
かっこいっ!!
かっこいっっ、マジに、このアルバム!!


のページへ                                                                                            トップページへ