WHITE LIES。。。TO LOSE MY LIFE

「ジョイ・ディヴィジョンとザ・キラーズが同居したような」
とはライナーにあった表現ですが
(珍しく)なかなかに頷けるもので、言い得て妙ってやつです。


ホワイト・ライズなんて分かり易いバンド名だなあ、と思っていましたが
これは、他愛もない嘘、という意味だそうです。
これこれこういう意味で付けた、と説明しているのは
本当にそうなのか、後付けなのか
どっちにしても
意味を聞くと、へえ、ってなるものですね。
そういやフライリーフとかもそうでした。


このバンドの音楽が、ダーク、と言われるのは
歌詞の内容が矢鱈とに関連しているからかなんか知りませんが
聴いてる分には全然ダークじゃないから
そう言われてると不思議な気持ちになっちゃいます。
ゴシック、はまだ分かる。


僕は本来、このヴォーカルさんのような声は好みではない
筈だったのですが
色々と手当たり次第(まではいきませんが)聴いてると
なんか好みとか趣味とかが瓦解してきてしまったようで
ティア―ズ・フォー・フィア―ズとか
インターポールとか
曲が良い所為か、気にならない
いや寧ろ好き。
パワフル全力投球型ハイトーンヴォイス
だけじゃないんだ、僕の好き幅は広がるばかりだな!!


若いバンドはこうでなくっちゃね。
何か始まるわくわく感を
徐々に昂揚してゆくわくわく感を
過剰過ぎず適度に。
DEATH
こんなタイトルだけど、気持ちの良いサビ。
爽やかだし
ビルの(屋上ではなく)外にある非常階段の
高めの位置の踊り場で歌いたいサビ。
他の曲にも言えることなのですが
清潔感があります。
それがどことなく
ひんやり冷たい印象をもたらすのでしょう。


続きまして、TO LOSE MY LIFE
アルバムのタイトルトラックだ。
これまた良いですね〜。
口ずさみ易いサビのメロディ。
繰り返してるだけだし、う〜ん、そういう作戦か。
ちょっと昭和レトロな感じもありつつ
今の若者が踊るにも適している、う〜むう〜む。


あ、僕の(特に)好きな曲だ、わあい。
A PLACE TO HIDE
盛り上げ方も良いよ良いよ〜。
サビがな〜これは語るメロディだね〜。
単語は詰まってないけど(サビの手前には詰まってる)
伸びやかに、すこぶる伸びやかに
語りかけるメロディだ〜。
当然ですが
僕に語りかけてきてるわけではありませんよ。
勝手に一人で語っているんです。
その状況とかを、こう・・・
流れるがままに一人で、しかし高らかに。
「SO COME ON AND LET ME IN」での
ぐいっと持ち上げる感じがまた素敵だ。
サビに入る直前の「〜BE ALRIGHT GIRL」も
ぐおっと来るぜ。
短くあっさりしてるのも、寂しくて良い。


おや、もう4曲目。
FIFTY ON OUR FOREHEADS
若干、聖なる雰囲気。
本当に神聖なのではなくて
冬の寒さとかで、気持ち的に清められたような
錯覚程度の聖度です。
もふもふの耳あて、マフラー、手袋などを装備して
これ聴きながら街を徘徊したいですね〜。
雪が降っていれば上出来。
空気の澄んだ中で、ふらふら回って悦に浸ってる顔つきしながら
これ聴きたいですね〜。


と申しますか
このホワイト・ライズの音楽は
全体的に冬っぽいのですね。


7曲目、FROM THE STARS
うんうん、小洒落てて良い。
外国の、カラフルだけど雨風でくすんだ街角のお店を
曲がって坂の上を覗きこむような
おずおずした期待が含まれている
ように思えるきらめき。
地味だけど
大きな盛り上がりはないけれど
そこが良いじゃないか。


FAREWELL TO THE FAIRGROUND
なんか、こう・・・地味だけど良いんだ!!
サビの「〜HOLD MY HAND NOW」での
よいせーっと上るところが素敵ポイントだ!!
こういうテンポの曲を好ましく思う度
僕って成長したんじゃないか?!と考える。
速ければ速いほど素晴らしいなんて、そんなのはもう古いのだ。


THE PRICE OF LOVE
ボーナストラックを除けば、実質ラストの曲ですね。
最後まで同じ調子で、綺麗ですね〜。
爽やかな寒気って、良いなあ。


で、3曲分のリミックスヴァージョンが入っております。


いつもどおり、歌詞の内容は無視しまくりましたが
内容に沿って聴いてくと
やっぱ印象変わりますね〜。
僕って、基本的に、頭の中に恋愛云々が不在なんですよね。
でも歌詞って、恋愛ものが多いのが現実。
仮に、表向きは恋愛もの風だけど、実はもっと別のものを暗示している
にしたって恋愛の皮を被っているわけで
あらゆる曲を真に理解しようと思うなら
先ず、恋愛ってもんを研究せねばならない。
僕は和訳が付いてても殆ど気にせず
耳から聴くばかりですから
きっと必要以上に神聖なように聴こえる音もあるのでしょうね。


神聖といえば
今さっき「ローマ法王の休日」なる映画を観ましたが
こんな邦題で良いのか??!!
あんな劇場予告で良いのか??!!
これはコメディー(笑えるのか)??!!
かなり凄い曲がラストに流れ出してある意味で笑えましたが
笑って良いのかどうか分からず
いや、これ現実だったら大問題ですよね・・・姉さん、事件です。


「思秋期」とか
「死ぬまでにしたい10のこと」とか色々
僕だけなのかな〜。
全然そんなんじゃなかったように思うんです、おかしいのかな〜。
そんなほんわかした感じだったかなあ。
ひょっとしたら
もう一度観てみたら感想も変わるかもしれませんから
これはもっかいずつ観ないと!!
思秋期って、ちゃんとある専門用語だから
別にほんわかしてねえよって言われちゃうかもしれませんがね。
でもでもやっぱし
何か違和感が・・・ごにょごにょ。


文句かと思われましたか??
ふっふっふ。
いや、僕は、そんなところも面白くて好きなのです。
な、何いいいいいいー?!って感覚、楽しいじゃないですか。
昔の洋楽とか、とんでもない邦題つけられたりしてますけど
何もかも、楽しむ為の糧ですね。
世の中には驚きや意外性が至る所にふんだんに。


どんだけ関係ない話してんだ俺は。
ホワイト・ライズの皆さん、すまねえ。
兎に角、このアルバム、トゥ・ルーズ・マイ・ライフ・・・
よくまとまっていて聴き易いのでした。


のページへ                                                                                                    トップページへ