OZZY OSBOURNE。。。DIARY OF A MADMAN

似てる名前の芸人が居るよね!!
それはなくとも
興味無い人でも一度はこの名前を聞いた事あるんじゃないでしょうか。
そうでもないか・・・。
でもどっかで!!
忘れてるだけで実は!!
聞いた事!!・・・ない・・・?・・・むむ。
オジー・オズボーンだよ!!
みんな大好き!!
でもない?
僕は好きさ〜!!


だってこのアルバムジャケット。
楽しい〜微笑むしかないですねこれ〜。
ナイスな表情してんなあ〜。
おどろおどろしい要素がこんなにもハッピハッピーに変身。
ふざけてるというか茶化してるというか
この方の可愛い人間性じゃないでしょうか。


この方といえばブラック・サバスですが
ソロの活動も良いですね。
怪人とか言われてますが
ブラック・サバスを抜けた後や、相棒の死には、がくっと落ち込んでしまい
音楽を辞めようかと悩んだり
彼は非常に真面目な人間のようです。
何かしらの本で読んだ時にも
彼は、誠実で暖かい、と表されていた。
なんだかとっても素敵じゃありませんこと?
会った事もないけれど
そんな人の音楽を聴けるってだけでも、嬉しいものです。


ダイアリー・オブ・ア・マッドマンなんてタイトルなんですから
面白い内容の歌詞を歌っておられることでしょうけど
和訳どころか
元々の歌詞もないようじゃあもうさっぱりです。
しかし問題ではないね。
かっこいい音楽は頭で考えずともかっこいいと判断できるのですから。
そのとおりっすよ!!


1曲目、OVER THE MOUNTAIN
歌いだしから、オ〜ヴア〜ザマンテ〜ンって
このくらいなら聞きとれるらしい、良かったね僕の耳。
ぎちぎちしたギターソロも雰囲気たっぷり。
オジーの不思議な、薄い金属みたいな声は、何なんでしょうね。
良いですね。
過剰に熱くなり過ぎない、大人っぽさがあると思います。
アルバムジャケットに反して。
とてもクールな曲。


3曲目、YOU CAN'T KILL ROCK AND ROLL
綺麗でしとやかなので、お!となる。
なんとなくどっか別の場所で聞いた事ある気がするぞ。
このAメロといいサビといい、うむ〜。
気の所為なのかな〜。
それがなくとも気になる曲。
おお、僕はがちゃがちゃ五月蠅い曲だけじゃなく
こういう素敵なのもいけるのだ!!
只管おとなしいだけの曲じゃないですし
ばっちりロックしてますから!
でも不思議な魅力のある曲です。
なんか気になるのです。


続くBELIEVER
不穏な空気をばっしゅばっしゅ斬りつけるような
刃物みたいな声が冴えてらっしゃる。
温度を感じさせないような、無、の声が素敵。
冷たい地下室が舞台のような曲だ〜。
そして無駄がないってえのに華のあるギター。
僕は基本、速い曲が好きなのですが
ただのスピード狂ではないのですね!!
だってこういうテンポでもかっこよけりゃあ好ましい。
かっこよけりゃなんでも良いのだ。


7曲目、S.A.T.O.
情熱的だ・・・!!
なんとなくラテン系の香り。
といっても僕の中にあるラテンの雰囲気って間違ってるでしょうから
まあつまりそういうことです。
ぎらっぎらのギターがウルトラかっこいいです。
やっぱロックってのは
こうでなくっちゃ!!
なんて流暢で輝きのある音なんだ!!
後ろでも前でも、あっちこっちでぎらぎろぴぽぱぽ
あ〜!!
もっと大音量で聴きたいものです!!


はっ!もうラストじゃないですか!!
DIARY OF A MADMAN
タイトルトラックですね。
これは・・・哀愁のあるメロディ!!
奇妙なのですが
オジーの声は、(僕的には)それ自体は無感情なのですが
こういう切なげな、悩ましげなメロディに
しっくりくる
不思議なことに。
で、
もう本当に僕個人の意見なのですけど
彼の声には
野蛮さのようなものをあまり感じない
どころか
気品のようなものを内包している気がする。


コンパクトで聴き易くて丁度良いアルバム。
でもこれ、クリスマスに聴くものか?
良いんです、聴いたって良いんです。
今日というクリスマスにマライア・キャリーじゃなくたって
いつかのメリークリスマスじゃなくたって
これで結構、ロマンチックですよ!!


のページへ                                                                                            トップページへ