AUDIOSLAVE。。。AUDIOSLAVE

サウンドガーデンもかっこいいけど
今回はどうしてもどうしてもオーディオスレイヴ
本作の2曲目に収録されてる、うおお、あれがかっこいいのだから!!
そうだ、それについて語らねばいてもたっても・・・
今更ですけどね、そうですけどね、くっは〜!!
というかもうとっくに此処でお喋りしたつもりでしたね、そんなん多いんですよね。
意外と全然まだなんですよね。
これ打つの結構時間かかるので、たっぷりと余裕が無いとできないんですよね。
そんな言い訳をしてみるのであった、たは〜。


どうやらこのかっちょいいバンドは
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの面々と、サウンド・ガーデンのヴォーカルのクリス・コーネル(以下クリス)が
合体!!
した、そりゃ〜そうでしょかっこいいに決まってるでしょ〜なスペシャルちゃんなのです。
その前の事やその後の事は知りませんが
兎に角このアルバムはかっちょええええええええ〜い。


ほほい、COCHISE
へヴィーな始まり方、大歓迎っす、ウェルカ〜ムっす。
もうかっこいいとしか形容できぬのであります。
さっくりとサビに入り、繰り返し
クリスのざらついたスクリーミン。
ふあ〜・・・素敵だ〜。


で、これです。
僕にこれを打たせる、そのように駆り立てる曲。
SHOW ME HOW TO LIVE
なんか宗教っぽい雰囲気も漂わせつつ
文句無しにかっこいいこのサビ、ああ、サビ!!
だる〜んとしてるような
ふつふつ煮えたぎるような
いやもう説明できませぬな。
単純なんですがね・・・でもその分かり易さこそが
このかっこよさを形作る重要要素なのではないかな、違うかな、まあなんでもいいのだがねそんなこた。
ぐらぐら揺さぶられ、翻弄され
無理矢理に頭を掴まれ
魔の水槽に突っ込まれ
どうだ見てみろよ、これを見てみやがれよ
と言われているような
或いはそうされて色々見てしまった奴が残した歌のような
いや〜かっこいいですね〜!!
超個人的なタイミングの問題なのですが
この曲の再ブームが僕の中で巻き起こっている最中に
同時に
戦国無双2の佐々木小次郎も再ブームってて
なんかこれ聴いてると、あの子のくすっと笑ったお顔が浮かんでくるのですよね。
その逆も。
あの子のこと考えてると、この曲がもわんもわんもわ〜んと響きだしちゃうのでした。
合わないような、だけど案外合うような・・・
延々そんな調子が続くと、否応なしに合ってくるんです、まあ不思議。
何にせよかっちょいい。
この曲以外が仮に糞カスであったとしても、まあ許そう、と思えるほどに。
実際は、糞カスなど紛れておらず
とっても絶品な作品であります。
一級品ですね。


4曲目、WHAT YOU ARE
何故か懐かしいメロディ、これどっかで聴いたような気がする〜、なメロディ。
ローな状態から、サビに入ると声も楽器も騒ぎ出す。
ねっちょりしてるようであっさりしてるようで
むう、良いねえ。
因みに、フリーっつってたんだね〜
僕ったらてっきり、フリークって言ってんのかと思ってたよ、いっけな〜い、たはは。


LIKE A STONE
こりゃ只の良い曲ですよ!!
切なげな、大人の渋みを含んだ音楽。
取り返しのつかない事を寂しげに回顧してるような。
例えば、娘さんの事とかで、さ・・・何があったか知らんがあんたもしっかりしなさいな、と店のおっちゃんに言われちゃったり
するような、さ!!


6曲目、SET IT OFF
不思議、というか暗示的というか、な歌詞が目立つ、気の所為か?!
これもなんとなく・・・痺れるぜ!!
何だろねこのサビ、わっしょいわっしょい。
宗教やら神話やらに疎い僕には、謎っぽい記号的歌詞に思えますが
それがまたかっこいいのだ〜っはっは〜。


全般的に、雨降りの日のお天気な感じです。
湿気を孕んだ乾燥地帯って感じです。
ずっしりと重く、強弱のはっきりしたサウンドは上の上。
何やら通り越して、ジェントルな気がします。


SHADOW ON THE SUN
じっくりと味わっております、このテンポ、かっこよくなけりゃ僕あもう苛々してしまいますよ。
そして飛ばしちゃいますよ。
でもかっこいいから何の心配も要らぬね〜。


9曲目、EXPLODER
歌いだしからステッキー。
サビの、事あるごとに入る、ず・だ・だ・だ、なドラムが良いです。
僕はあの、ず・だ・だ・だ、に弱いんです。
あれ、クールじゃないですか。


ねっとり絡みつくような終わり方だな〜、まだ終わってないような気がするよ。
お?ボーナストラックが入ってる訳でもないのに、全14曲
これは嬉しい内容量、うわ〜い。
終始一貫してこの雰囲気、この、俺達には破滅の使者が見えているんだぜ、的な雰囲気。
そんなすんげえかっこいいのに、どの曲もすぐに口ずさみたくなっちゃうくらい親しみやすいメロディ。


音の奴隷、音楽の奴隷、音楽ばか、ノーミュージックノーライフ、音楽は呼吸、音楽は友達
僕にとって音楽は
きゅううぅぅ〜しんっきゅ〜しん
といったところでしょうか。
精神安定剤的脳内逃避場所提供薬。
んだこりゃ、中国語みたいになってしまっているじゃあないか!!


のページへ                                                                                               トップページへ