JANE'S ADDICTION。。。STRAYS

もう書いたと思ってたのにまだでしたか、おお〜。
このアルバムを出した時点、こん時、13年ぶりの活動再開を果たした彼等なのですが
笑っちゃうくらい若々しい瑞々しい〜本作。
ヴォーカルのペリー・ファレル(以下ペリー)の声が若干だけ前よか掠れた・・・か・・・?
でもそれがまた宜しい〜!!
老女のような少女のような、って、ビヨークかっての。
曲の作り方、ベーシスト、変わることは悪い事じゃあないさ全然!!
なんかちょっと(いや大分?)前に雑誌をチラ見したら、3人しか居なかったような〜気の所為か?
でも良いよ、バンドってもんは生き物なんだそうなんだ。
変化したって良いんだ〜。


このアルバムのタイトル、迷子って、なんか可愛いね。


では1曲目、TRUE NATUREから行くぜ。
ジャングル?熱帯雨林?見た事無い怪しい鳥が飛んでそうな草木の密集地の奥?
そんな前奏。
ひうぃご!!で始まるわっくわく〜。
掴みどころのないペリーの、人を食ったような歌い方がかっちょいいだよ。
「〜IS TO LAUGH」の辺りとかね!!とても良い!!
しっかし歌詞が見辛い、泣かせるぜ!!
このぶっ続きで英語が並んでる状況、辛いぜ!!
怪しいしどことなく騒がしいし、研ぎ澄まされてるのにちょっと土っぽい。
それにしても可愛いシャウト。


タイトルトラック、STRAYS
水面下で穏やかに躍動する音楽、からの急浮上。
このバンドの曲が少年っ気を帯びてるのは、ペリーの声が少年臭いからっすかね?


3曲目、JUST BECAUSE
うおおおしゃああああああ!!かっけえええええぜ!!
この前奏!!
アスファルトは焦げ付くぜ!!
ジェーンズ・アディクション
の、ゆったりした、余裕のある、ストリート貴族みたいな雰囲気が
存分に堪能できるのだ!!
からかった表情で見下ろされてるような
不敵な口元で見上げられてるような
このテンポ。
独特だなあ。


このバンドっつったら、ロラパルーザ
響きがかっちょよくて、初めて文字で見た時から、なんか気に入ってるんだ、ロラパルーザ。
つい言いたくなっちゃう、ロラパルーザ。


PRICE I PAY
出ました、混沌の中のスクリーミン。
ペリー君、この声でくそ美形だったら、完っ璧だったんだがね!!
DEFTONESにも同じ事を言っていたなあ、僕。
それにしても、一気に脱力するような転調っぷりが素敵ですね〜。


THE RICHES
ぞくぞくするような惹き付け方、心得てますね〜。
くっそ〜。
また憎い転調もありまして。


はい、6曲目、SUPERHERO
「I'M OK」って歌いだしたくなっちゃう、あ〜いむお〜け〜い。
そしてほっそいシャウト。
楽しい音楽をかっこよく鳴らしてくれるのだ、彼等は!!
ちょっと宇宙的な感じもする。
なんでかな、スーパーマンが宇宙人だからかな。


WRONG GIRL
ワイルド。
ん?ワイルドって野性的って事でしたっけ?
じゃあ、ダンディー。
これも違うか・・・。
まあ聴けば分かる事さ。
兎に角、ペリーの声の所為で渋くならないのである、可愛子さん!!
そんで中盤、お空の上へと足を伸ばしてみたり。
御機嫌になってみたり。
面白いですねえ。


EVERYBODY'S FRIEND
比較的静かでおとなしい曲かな、と思って聴いてたら
途中で少しおかしくなりそうな兆しがあって、あ、あ、と思ったら
なんとかそのまま終わって、
これはなかなかおとなしい曲でしたね。


HYPERSONIC
ハイパーソニックな曲ですね、近未来的匂い、機械的、超自然的、超常現象的。
「AA, SHOOT NEW CITIES〜」からの不思議空間を漂う感じが癖になる。
この雰囲気がいとも普通に馴染んじゃうのがこのバンドの素晴らしき所だ。
すっきりぷっつり終わるのもかっこいい。
その終わり方がばっちしきまっている。


ほい!!SUFFER SOME
きゃーきゃー言うておりま〜す。
言うしかあるまい!!
こちらボーナストラックで〜す。
ふむ、9曲目の曲のライヴヴァージョンですね。
い、良いなあ。
刻むギター、軽やかなドラム、なんで何処かしら怪しいのかなあ。
さっふぁさ〜あむ。
はあ・・・しかし英語かっっちょいいなあ・・・あの発音・・・む〜、素敵だ!!
で、ちょっとはにかんだような掠れた笑い声の可愛いこと!!


ジェーンズ・アディクションの音楽は一筋縄じゃあいかぬ、柔軟な耳が無いとね!!
ストレイズにあるのは
水をぶちまけた紙の上に、濃厚な絵の具を滲ませまくって、グラデーションを作ったような曲達。
そこに乗る、乾いた声。
気の抜けない迷子ちゃん達だこと。


のページへ                                                                                               トップページへ