GAMMA RAY。。。SOMEWHERE OUT IN SPACE

さらば2011。
と言う訳なので、アルバム・オブ・ザ・イヤーを決めようかと考えてみました。
そして本作、サムホエア・アウト・イン・スペース(この片仮名表記はどうにも疑問だ)を選んだのでした。
12月は矢鱈と清春とナイン・インチ・ネールズ聴いてましたので
そっちの印象が濃く残っちゃおりますが
でもでもやっぱしこの2011年を振り返ってみると
最もお世話になったのは本作だったと思います・・・本当によく聴いたもんなぁ。
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁもうおうおうおうやってられるかよぉぉぉぅ
って時に聴くととってもやっほ〜いなハイになれて兎に角凄く助けられたのでした。


前作が名作中の名作だったので
おいおい次どうするよ大丈夫か〜??とは心配してなかったけども
マジに心配ご無用で
素晴らしいアルバムを立て続けに作れちゃったガンマ・レイはやっぱ素敵っすね。
まぁなんていうか・・・10年以上も前のアルバムなんだけどね。


BEYOND THE BLACK HOLE
うんうんこの晴れやかで涼しい疾走感(あ、さりげなく、うんこって言ってしまった)。
カイ・ハンセン(以下カイ)の声、落ち着くぜ〜、これだよこれ〜。
希望的に響く豪華で大袈裟なメロディ。
明るくて速い楽器達の清々しさはこの世の夜明けだよ。
で、そんだけで治まらないのがガンマ・レイですよね。
「INTO THE BLACK HOLE, INTO THE DARK」
神秘的ぃぃ〜ミステリィィ〜。
ブラックホールに身を投じるなんてぞくぞくする事をどんな元気さで歌いあげてんだよ。


そのままのテンションで2曲目MEN, MARTIANS AND MACHINES
え、と・・・人間、火星人、そしてマシーン・・・??
アルバムジャケットからも分かる通り、なんて宇宙的なんだ!!
大真面目にロマンティック。
カイの不安定なスクリーミンが雰囲気あるよなぁ。
がむしゃらというか繊細さが無いと言うか・・・この独特の声と歌い方が
素敵!!メタリック!!
ギタリストとしてもボーカリストとしても彼は魅力的だ。
無茶すんなよ〜と言いたくなるような高音部やら早口やら、可愛いなぁ〜。
しかし何気に結構ナイスなハイトーンシャウトの持ち主じゃないかい??
安定したかっこよさで抜群だったラルフでは味わえないスリルですよ。
それはさて置き、カイの作る曲は良いね良いね〜。
時代を越えるね〜。
正直だね〜。
分かり易いね〜。
圧倒的だね〜。
気分が良いよ!!
ごりごり力強くて大胆で細やかでクールなのさ!!


さぁ、NO STRANGER(ANOTHER DAY IN LIFE)
とるろるとるろる鳴るギターが可愛いぜ。
やっぱツインリードだろ!!迫力あるぜ〜立体的な音楽ってのはこの事だろが。


来ましたよ、タイトルトラック。
恐ろしくかっこいい名曲中の名曲!!SOMEWHERE OUT IN SPACE
これ聴いたらもう他のメタルな曲を聴いてもそれがどうしたよって思えるってのは言い過ぎですが
これは素晴らしいです、お腹いっぱいになれる曲です。
どうすりゃこんなんが生まれるのでしょう。
稀代のセンス・オブ・センス。
センスが良いったらない。
スタートレックにインスパイアされたからってこんなん出来上がりますかよ??
神がかっております。
冒頭の小さく奮い起こすような音から前奏、歌いだしのメロディの子供ウケしそうな感じ
早速出し惜しまずサビへ突入
そして変則的な歌メロ
間髪いれずにトーンダウンしといてサビ、劇的なサビ、サビ。
このサビは何者なのだ?
鳥肌がたつぜ〜!!
タムタムってパワフルなドラムのサウンドに乗る流麗なギターの鮮やかさ。
そして盛り上げまくるのがカイという人間。
不思議過ぎる、宇宙を感じる。
空間に漂う小惑星やら隕石やらが見えて来る。
ドラマティックで目が、いや、耳が離せないぜ。
一瞬たりとも気が抜けず。
これこそが僕のソング・オブ・ザ・イヤー。
只管に燃えるのです。
熱い!!
僕のケツが今、熱い、それはホットカーペットの所為だけじゃない!!
うねるサウンド、畳み掛ける展開。
3時間くらいあるSF大作映画のクライマックス並みに目頭がじわんじわん。
あわなげ〜だうぇいぃげ〜だうぇいぃ。
完璧っすね。


5曲目、THE GUARDIANS OF MANKIND
何処までも昇れそうなきらめきが在るのです。
歪みまくりのギターサウンドも良いけど、この美麗な音!!汚れ無き流れに身を任せれば夢心地さ。
にしてもカイ若いな〜。
メタリカルな声が最高だ。
この曲は恐れを知らず天井知らずで命知らず。


短くてダークで気になってしゃぁないTHE LANDING
隠し味というか隠れきらないスパイスです。
2分にも満たないのにお気に入り。
黒いロボにまたがってゆっくり荒廃した世界を闊歩してる感じ。


VALLEY OF THE KINGS
サビも良いけど違う所のメロディとかがまた楽しいのさ。
ガンマ・レイといえばこの器用な変幻自在っぷりでしょう。
自由にあちこち飛び交って、その軌跡の見事なこと。
このスピード感、ユーモア。
「FATHER CAN YOU HEAR ME」の歌いだしからして痺れます。
あと「RA VITE」の辺りはもう対処出来んぜ何何どうしちゃったのさかっこいいな。
ギターソロ後の「OH MOTHER〜」って所なんか思わず顔がにやけちゃいます。
曲全体に後光が見えるほどまばゆい。


9曲目はTHE WINGED HORSE
ヘニユ・リヒターって良い曲を書いたよ・・・凄く好きだなこれ。
ゆらゆらっていうと遅そうだけど、高速でゆらめく楽器の雰囲気が超絶かっこいいっすよ。
神殿とか寺院とか厳かな神々しさを纏い
少しも緩まない緊張感。
そしてやっぱツインリードってかっけぇぇ〜のですね。
なんて澄んでまろやかなギターサウンドなんだい??ふわふわしてるし優雅だ〜。
大袈裟な前奏にすっかりご満悦、そして鋭く転調、したかと思えばまたドラマティックになるし。
ゆわんゆわんしてる音の上に切れ味の良い音が乗るなんて極上。
サビはなんとも貴族風。
間違ってもどぶ川には転がっちゃないね!!
ふわっとざわめく盛り上がり方が快感じゃないか。
こゆの聴いてるととろとろとろくせぇ曲を聴くのなんかまっぴら御免だって気分になるってのは言い過ぎだけど
僕はもう、めくるめく彩りの彼方へ旅立ってしまいそうさ。
かっこいいの定義は定まっちゃないけど
これを聴けばそれが何かって分かる筈だぜ。


11曲目、LOST IN THE FUTURE
こ、これは!!
おおぉぉぉぉ!!スザンナぁぁぁぁぁ!!
陽気だな!!
カイのスーパーざっざかした高音部の歌い方がばっちしキマリまくってます。
低いとこも高いとこも彼は良い声してるよ本当・・・。
どんどん駆け抜けてってしまう。
マジに休憩する暇なんて無ぇぜ。
あの歴史的名曲FUTURE WORLDから時は経ち
僕等は未来の世界を彷徨い歩くのか、そうか、そうだな、今まさに。


WATCHER IN THE SKY、こちらはカヴァー
といってもカイのやってるプロジェクトらしいIRON SAVIORの曲、って事はセルフカヴァー的感覚??
何にせよこれがまたかっこいいのだ。
ラストのスクリーミンもかっけぇぇのだがサビ終わり毎に入れてくれてる声が可愛い。
なんかこう、使命とか宿命を感じずにはいられないぜ。



14曲目、SHINE ON
舌を巻くね。
どうすればこんなにも光の粒子ばかりを集めたように純粋に輝き得るのか?!
そしてカイのスクリーミンもいよいよだなってクールっぷり。
これ聴きながら絶望に浸ろうとしたってそりゃ不可能な話さ。
銀河の囁きみたいなキュートな音もちらほら。
ガンマ・レイの射程距離は無限大な規模で宇宙越えしてるさ。
お得意の劇的転調が始まるぞ。
悲劇的な歌唱も穏やかさの裏の激情も
マックスクライマックスへと向かう道標。
力漲る合唱で瞳を閉じれば僕等は無敵になれるんだぜ。


あぁ、嘆かわしきお別れの時間。
カヴァーです。
URIAH HEEPのRETURN TO FANTASY
恥ずかしながら僕はこのユーライア・ヒープの作品はまだ何も持っておらず
名前しか知らないって状態で
先にこのカヴァーを聴いてしまった訳ですが
本家に凄ぇぇ興味湧いたぜ〜も〜どんなかっこいい曲だよこれ〜。
滅茶かっこいいぞ。
破滅的な匂いも漂うし、月下の妖しい薄明かりに照らされてるようで
しかもこちらの返事を待たずに腕をぐいぐい引っ張って
ファンタジーへの扉を開けてくれちゃってるんです。
どっきんこどっきんこ、そして永遠に帰って来れないようなファンタジー。
うぅ〜わ、かっけ!!
小刻みに散らかる楽器達のサウンドが堪らんぜ。
奇怪な曲。
ファンタジーなのです、有無を言わさぬファンタジー。
余韻たっぷりに終わってしまうのです、ファンタジー、これこそが。


本作にはお世話になったなぁ〜。
どうもどうもでした。
2012年はどれに最も迷惑かけるのかしらね〜??
今年も引き続きだるんだるんでロックな日々を過ごしたいものです。
この世界にロックが在る限り
ロックは僕の幸福であり
第三の心臓で在り続けるのです。


明けましたねおめでたい。
ウェルカム2012。
誰もが幸せに近付けますように。


のページへ                                                                              トップページへ