RISE AGAINST。。。SIREN SONG OF THE COUNTER CULTURE

今も元気にチャート上位を賑わせてくれているので安心安心。
僕、知った時にはもう解散済み〜なパターンが多いですからね、現在進行形バンドは応援しまくりです。


初っ端のこのぐんぐんぐんぐん上がりまくりなツボ突きまくりな前奏
かっこ良過ぎでしょうが!!
何を考えてんだ!!
STATE OF THE UNIONだこん畜生。
うぅぅおぉぉぉぉぉ。
ぞくぞくさせやがる。
このがらがらした声で叫ぶジャンルって、いつも思いますが
絶対、喉に悪いよな。
将来が心配ですよ。
どうやってこゆ声を出してるのだ、難しいぞ〜、練習練習。
うぅ、かっこいいサビ・・・。
サビ入る直前の「〜UNDER THE SEA」の、歌詞の区切り方も良いですね〜。
面白いし、このようなのを〜フックが在る、と言うのでは?
あぁ〜このサビ、ずんずんずんずんかっけぇ〜。


聴けば聴くほどそのクールっぷりがじわじわ分かって来るんです、これ。
最初に聴いた時は
このヴォーカルスタイルって苦しそうで大変だなぁ・・・とかそんなしょ〜もない感想でした。
とんだ無礼者。
今思えば、俺は阿呆なのか?滅茶クールじゃぁねぇぇか!!


3曲目、LIFE LESS FRIGHTENING
普通にさ・・・曲がかっこいいんだよ。
中盤後期の「〜CLOSE YOUR EYES」の部分、かっちょぇぇ、声がイカすぜ。
単純にさ・・・こういうの好きなんだよ。
ライズ・アゲインストはメロディセンスが抜群なんだ、そうなんだ。
丁度かっけぇスピードで、軽い声がグッドメロディに乗る、良いじゃぁないか。


がらがらした声が癖になるような感じです。
軽過ぎず重過ぎず、爽やかさと上手く共存しつつ。


6曲目、TO THEM THESE STREETS BELONG
この始まり方だぜ。
一瞬でぐぐぅぅいと惹き込まれちゃった人は手を揚げましょう、はいはいはぁぁぁぁ〜い。
「SO LOOK IN MY EYES」
何その音程。
良いねぇ・・・ナイスだよ、凄く・・・良い。
ぺぺぺ〜っと速くなるのとかそしてまた戻るとか、いかんぜ。
反則だぜ。
かっこいいぜ、くっそくそ〜ぅ。
「SINGING SONGS AND CARRYING〜」がね、素敵なのだよ。
そんでもって雰囲気も良いのだ。
荒廃した街が巻き戻されてゆくような、その逆のような、世紀末的終末的なような。
空から天使っぽいのが降って来そうなお天気。
主人公君が見上げると、時がふっと止まるような。
そんなんさ。
物語を執筆出来ちまいそうだ。


毎度お馴染み和訳が無い。
負けるもんか、負けるもんかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
英語でも歌詞が付いてるだけ良い方さ。
下手すりゃなんも無しだもんな。


9曲目はGIVE IT ALL
元気だなぁ。
勢いがもりもり。
冒頭からかっこよさに圧倒されまくりだぜ。
とか思ってたらサビは爽快で可愛かった、ありますよねそゆ曲。
ドリームランドにドリームシャワーが注がれているよ、綺麗だね〜みたいな感じです。


11曲目は静かに穏やかにリズミカルに。
SWING LIFE AWAY
良い音で鳴るなぁ、
すっトロくないから嬉しい・・・心地良いギターの音には哀愁も漂います。
黄土色っぽい曲ですね〜。
こゆ抑えめな曲が入ってると、全体が締まってランクアップする、ような気もしなくもあらず。
渋いぜ。


さぁ、かっこよく終わりましょう。
RUMORS OF MY DEMISE HAVE BEEN GREATLY EXAGGERATED
長ぇぇタイトルだぷんすか。
このバンドは飽く迄・・・根本は爽やかさんなのか?
土台に使っている土は触っても手にこびり付かないやつなのか?


彼等の作品はこれしか持っていないのだ淋しい〜。
早く他のも欲しいぜ。
もっと1曲目みたいな、ちょいとへヴィーでダークでスピーディな方向に傾倒した作品とかあるかなぁ〜。
オラ、わくわくすっぞ。


のページへ                                                                 トップページへ