SPARTA。。。PORCELAIN

てっきりもうネタにしたかと思ってましたが、まだノータッチだったのですねぇ〜。
お気に入りスペシャル〜な、スパルタです。
本作は、終始ギターが全面的に存在感ばりばりな、空気もぶんぶん震えまくりなアルバムです。


も〜!!
和訳も無ければ、アルバム名自体、読めません!!しくし〜く。
でも理屈抜きで良い物は良いのだから、そんなん気にしないぜ!!
これ一枚しか持ってないし
バンドの事も分からないのに何を語るってんだ?!
心配ご無用。
良いもんを良いって叫ぶだけさ。


GUNS OF MEMORIAL PARK
何だこの意味深なタイトルは・・・気になるじゃぁないか!!
1曲目からギターが印象的なサウンドを聴かせてくれます、良いなぁ〜。
このギターが聴きたくて、またこのアルバムに手を伸ばしてしまう〜みたいな魔力があります。
なんかこのアルバムに収録されてる曲の随所で
ギターがラルクっぽい、です。
双方のファンから石を投げられてしまうのかしら、ひぇ〜。
それはさて置き
部屋に例えると天井辺りに位置する感じのヴォーカルの声が面白いです。
う〜ん、心地良い緊張感に包まれておりますね。


続くHISS THE VILLAIN
爽快感すら見出せそうなステップで駆けるメロディ。
始まり方からして好きだね!!
躓きそうな冒頭。
騒がしい街をヘッドフォンして音量マックスでスケボーで駆け抜けてる感じですかね。
何も聴こえないこの音楽しか信じない、他はどいてろよ!!
そんな勢い。
で、クライマックスへの展開がまた良いのだぁぁぁぁぁぁ〜。
終盤のスクリーミン&ギターの不穏ながらも優美な音の洪水、素晴らしい。
美しい終末〜。


スローテンポでも魅せてくれます。
3曲目、WHILE OCEANA SLEEPS
何を歌ってんだかてんで分からんのですが、凄く良いという事だけは確かです。
ヴォーカルのぬば〜っとした声と歌い方がスローな曲だと特に際立ち
最初は浮いて聴こえてたのに
いつの間にか癖になってしまいます。
時の流れの中に横たわる静けさと、サビでざわめく音の群れ。
かっけぇなぁ〜。


余りに調べてなさ過ぎて、良いと言う意外に他は何も無いのですが
でもどんどん行きますよ〜。


渋みが皆無でして
若い。
バンドの皆さんの年齢は知りませんし、そういう事じゃぁなくて
若くて可愛いのですねぇ、なんとなく。
楽器も声も荒々しくてですね〜勢いでやり遂げるんだぜ的な良さがあります。
表面は僕的にそんな感じです。
でもメロディのちょっとした部位や、細部に、ぎらりと光るセンス。
やっぱかっこいい。
堪らん。


6曲目、LINES IN SAND
これまた不思議な雰囲気の曲がやって来ました。
正体不明で神秘的な霧の向こうの影は、何者なのでしょう?
あぁ、僕の空想が繰り広がるぜ。
よく見えない遠くを目を細めながら眺めている少年が浮かびます。
黄土色に囲まれていて・・・
崖とか土とか岩とか、ちっちゃい蜥蜴とか。
此処でも矢張りギターの果たす役目は見事です、刻むね〜。
そして全体図は壮大なのです、この曲。
穏やかで雄大な大自然の中で呼吸しているような・・・グレートだ。


おぉ!!
来たぞ来たぞ!!
でけでけ打ち鳴らされるドラムが最高にかっっちょぇぇのだ。
7曲目のEND MORAINE
これはもう・・・騒ぐギター&ドラムの主張がかっこ良過ぎてお腹いっぱいです。
初っ端から何だこれぇぇ〜かっけぇ。
緊迫と焦燥と、決断を迫られてるみたいな最初からクライマックスっぷり。
荒いのに何故か気品の片鱗をちらつかせるサウンドが、それこそが
スパルタの魅力なんだぜ!きっとそうだぜ!


ギターヒーローが居て、ギターソロが2分あって
っていうのとはまた違うギターの目立ちっぷり、珍しい、ような気がする。
あっちこっちそっちこっちギターが鳴っている。
素敵なのだ。
耳に残るのはギターの奏でていた印象的な音。
休む間もなく、ギターは走り続けるのだ。


どの曲をシングルカットしても問題無いな。
どれも主役になり得る出来。


そう言えば
このアルバムを主題歌というか、イメージアルバムに決めて
絵ぇ描いたり文を書いたりしたなぁ。
そん時に必要だった雰囲気と本作が、がっちりマッチしてたのですね。


11曲目、TRAVEL BY BLOODLINE
パノラマ全開な視野の広そうな曲、ゆったり感を上手く取り込む手腕は一級。


彼等の生み出す音って、澄んだ空気の鎧を纏ってるぜ。
怪しげなメロディなのに綺麗でクリアで
13曲目のFROM NOW TO NEVERとか、彼等の独特なワールドです。
優雅でまったりしつつ疾走感も忘れないなんて、贅沢だ。
スパルタって名前しか知らない時は
ごりんごりんにメタルしてるバンドだと思ってたのに。
違うにも程があるわぃってくらいに違ったのでした、おひょひょ。
別にセパルトゥラと間違えてたんじゃぁないぜ!!


ラストに相応しく冒頭から盛り上がるぜ〜。
SPLINTERS
力みまくりなヴォーカルも冴えてます、少年っぽくて良いなぁ。
最後迄しっかり聴かせてくれるぜギターちゃん。
そして神秘のベールに帰っていく・・・。
おしまい。


のページへ                                                                                             トップページへ